マルサの女のレビュー・感想・評価

メニュー

マルサの女

劇場公開日 1987年2月27日
6件を表示 映画レビューを書く

今更再上映を劇場にて

フィルムがエラい古く画面が汚くなる時も少なくなかったですが、、
津川さんとか登場する役者さん達がパチーノやデニーロに負けないくらい良い意味でクセがあって皆それぞれの存在感を発揮していて、、昔の邦画ってなんか今と違っていい感じだったんだな と。
あとテーマ曲が秀逸の極み‼️♫♪♫♪♫

突然の舞台挨拶付きでマッハ文朱さんの生存確認。

映画マン
映画マンさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティーのある作品でした!

リアリティーのある作品でした!

へまち
へまちさん / 2017年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勉強になります

脱税ってこんにのかと勉強になります。
奴宮本信子さんの演技はすばらしい、
伊丹監督、面白い

anemone
anemoneさん / 2017年6月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マルサの女は、、

もう何回観たか分かりません。
バイブルです。

wakom14702
wakom14702さん / 2017年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国税局査察部 VS 脱税者

今まで映画では、余り馴染みのなかった国税局査察部(通称マルサ)の活躍を描いた(脱税者でない限りは)万人が楽しめる破格のエンターテインメント作品。
個人的に伊丹十三監督の『〜の女』シリーズでは、胸のすく活劇を見ているようなストーリーの完成度やイタミイズムが浸透した細部までのこだわりに於いて、本作がベストだと思っています。
山崎努が演じる典型的な悪役ではない、魅力的なまでに屈折したキャラが瞠目の出来でした。
彼がレクチャーするお金を貯める秘訣は耳をダンボにして聞くところですね 。
目からもウロコです。
お金の魔力に取り憑かれてしまった人々の姿は滑稽そのものだが、どこか憐れみさえ感じられる。
品性のカケラもない守銭奴は、私たちのすぐ近くにも潜んでいるように思えるからだ。
税金逃れの為に、そこまでやるか❗と言うエピソードが盛りだくさん。
宮本信子や山崎努の他にも、津川雅彦、大地康雄、伊東四朗ら演技巧者たちの濃密なアンサンブルも見ていて楽しい。
サックス奏者・本多俊之によるシンプルでありながらも、流麗なサウンドのテーマ曲は、一度聞いたら忘れられないほどの印象を残しています。

みつまる。
みつまる。さん / 2015年4月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まあ

税務署の職員の話って珍しいし初めて見たのでまあまあ楽しんでみてました。そういう風に不正をあばくんだーって。人の恨みを買う職業って辛いですね。そういう側面もきっちり描いているのには好感が持てました。後半若干人情ものっぽくなっちゃったのは個人的にはいまいちだったけど…。

山崎努氏が良い味だしてます。

えら
えらさん / 2014年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi