窓から飛び出せ
ホーム > 作品情報 > 映画「窓から飛び出せ」
メニュー

窓から飛び出せ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大日方伝が自身製作第一回作品で、原作をも担当している。「ホームラン狂時代」の山崎謙太と島耕二が協同脚色で、「銀座カンカン娘」の島耕二が監督に当たる。撮影は「銀座三四郎」の安本淳が担当。主演には「帰国」の大日方伝とその一家が出演し、「歌の明星」の轟夕起子、「人生選手」の小林桂樹、新人香川京子らが出演する。

ストーリー

徳山家ではおじいさんの理太郎と、若旦那の周介、その奥さんの藤子、若旦那の弟の勇二、それから子供たちが四人ばかりいるという大家族である。徳山家ではわずかな農を営み、多くの家畜を養って生活していた。ところが隣の藤枝家では父が船長をしていたが船と運命を共にして、母の千栄子と娘の茉利子、弟の道夫の三人暮らしで売り食いをしていた。その上母の千栄子はお照し教にこってしまって、この方に貢ぐ金がまた大きかった。娘の茉利子はこの様を見ていたが、弟の道夫がふとしたことで足をケガして今もって松葉杖にすがっているのを見ると母の気持ちを正面から非難することが出来なかった。とにかく迷信にこって遂に隣家と絶交にまで発展してしまった。しかし隣家の徳山家では平気であり、一家和気あいあい、楽しく過ごしていた。勇二は茉利子を励まし一日も早く道夫の足を平常に戻そうと二人で努力しいてた。ところが、母の千栄子がお照し教のお告げによると言って弟の山田の事業資金を作る事を理由に大切にしていた道夫のモデルシップを売ってしまった。それからというものは道夫は妙に意地気てしまい、いたずらばかりしていた。これを知った勇二は、それと同じモデルシップを作ることに決心し、道夫と二人でその製作にかかった。一変したように道夫の性格が良くなった。不思議に思った茉利子はこれを知って感激した。そしてついでに母の行き方を是性して自分のピアノを売って、その資金をもとでに“うさぎ”を養うことに決意した。ところが依然母はお照し教に熱中していて娘のいう事を聞かず、かえって勇二を非難しにやってきた所、道夫と勇二のモデルシップを囲む姿を見てふと考えてしまった。その上道夫がモデルシップが完成したあまりの喜びに歩けなかったのが杖なしで見事歩いたのである。やがて両家の人々に囲まれたモデルシップは静かに進水式をあげた。...

スタッフ

監督
脚色
山崎謙太
島耕二
原作
大日方伝
製作
大日方伝
撮影
安本淳
美術
河野鷹思
音楽
早坂文雄
録音
矢野口文雄
照明
佐藤快哉

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi