べっぴんの町
ホーム > 作品情報 > 映画「べっぴんの町」
メニュー

べっぴんの町

劇場公開日

解説

少年院の教官出身というアマチュア探偵の活躍をハードボイルドタッチに描く。軒上泊原作の同名小説の映画化で、脚本は「六本木バナナ・ボーイズ」の柏原寛司、監督は「バカヤロー! 私、怒ってます」(第三話)の原隆仁、撮影は宗田喜久松がそれぞれ担当。主題歌は、柴田恭兵(「AGAIN」)。

ストーリー

“私”は35才。数年前まで少年院の教官だったが、上との方針の違いで辞職し、今は神戸の町角の中国人テーラーの二階でアマチュア探偵として、口コミで入ってくる仕事の依頼を受けて生活していた。ある日田村亜紀子という女と洋上デートと洒落こんだが、そこで彼女の店・シーサイドクラブの上客である宝石商・中嶋達夫の娘を探してくれと頼まれた。娘の名は町子。数日前から姿を消してしまったのだった。数日後、少年院時代の教え子で今や若きエリートやくざ・左山集司の情報により心あたりの所へ乗り込むが、そこからもうひとりの少女・富沢令子を知る。彼女の父親は貿易商で、彼もまたシーサイドクラブの常連だった。令子の話によると、町子はある不審な男に連れ去られてしまったという。それらの情報を亜紀子に中間報告するためシーサイドクラブへ行った“私”は、そこで富沢が電話で誰かともめているのを見た。そして“私”は店を出た時、電話ボックスに不審な若い男を見つけ、後を追ったが男は車に飛び乗って逃げてしまった。だが、その車の運転をしていたのは町子だった。それから数日後富沢が投身自殺をした。しかし、左山の情報によると、富沢は自殺をするタマではないという。それどころか、富沢には田村里美という愛人を殺した事実が判明する。富沢の雇われ用心棒・佐久間から町子の居所をつきとめた“私”は、そこで町子が例の若い男と出てくるのを見た。その男は、実は里美の弟の領二だったのだ。逃げようとする二人だったが、なんとか町子をつかまえた“私”は、そのまま電話ボックスに駆け込み、亜紀子に連絡をとり、その夜に彼女と会うことになった。町子を家に送り届け、自宅に戻ったとき亜紀子から「マンションに迎えに来て」という電話が掛かった。酒落た服装で亜紀子のマンションを訪れた“私”は、その戸口で亜紀子と領二の会話を聞いてしまう。実は亜紀子も殺された里美の姉で、その復讐に富沢を殺したのだった。亜紀子からすべての真実を知らされた“私”は、パトカーで警察に連れていかれる彼女を追い、フロントガラスの外から再会の約束をしたのであった。...

スタッフ

監督
脚本
柏原寛司
原作
軒上泊
企画
黒澤満
プロデューサー
服部紹男
岸本一男
撮影
宗田喜久松
美術
中村州志
音楽監督
鈴木清司
音楽
埜邑紀見男
主題曲
柴田恭兵
録音
細井正次
照明
長田達也
編集
冨田功
助監督
辻井孝夫
スチール
野上哲夫
製作プロダクション
セントラルアーツ

キャスト

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 東映

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート
新人俳優賞 本木雅弘

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全1件)
  • 時代を映す映画 和久井映見が若い(笑) キャストが地味に豪華で懐かしい顔がいっぱい。 物語にさした魅力はないけれど、時代の雰囲気は味わえる。 時間潰しにどうぞ ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2015年12月7日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

べっぴんの町[DVD] 空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 空飛ぶ広報室 DVD-BOX[DVD] さらば あぶない刑事(数量限定生産版)[Blu-ray/ブルーレイ]
べっぴんの町[DVD] 空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 空飛ぶ広報室 DVD-BOX[DVD] さらば あぶない刑事(数量限定生産版)[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2015年11月11日 最安価格: ¥2,419 発売日:2013年11月29日 最安価格: ¥24,261 発売日:2013年11月29日 最安価格: ¥19,207 発売日:2016年7月13日 最安価格: ¥9,504
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi