ファー・イースト・ベイビーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ファー・イースト・ベイビーズ」
メニュー

ファー・イースト・ベイビーズ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

小島を舞台に、ウクレレ・バンド「ガソリン兄弟」のメンバーと真面目なナルトシ君との″抗争″を描くパンク・ムービー。G.I.S.M.や頭脳警察などのミュージック・ビデオを手がけてきた映像作家・安田潤司の初の長編劇映画作品。実在のミュージシャンや俳優たちが彼ら自身として登場、アナーキーなムードがモノクロームの映像の中に展開していく。脚本は安田と唐原理恵の共同、撮影は諸沢利彦が担当。

ストーリー

ウクレレバンド「ガソリン兄弟」の棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介の3人と、大切にしていた「木彫りのおばあちゃん」が忽然と消えてパニックを起こしていた和久田理人は、真夏の東京で、どこかの島で標本作りをしている石川ナルトシの幻を見る。ナルトシの使いのシバちゃんを拷問しナルトシの居場所を知ったガソリン兄弟は、誤って殺人を犯した和久田を警察に引き渡し、島へ向かった。挨拶代わりにナルトシをボコボコにする3人だったが、ナルトシも負けじと焼け火箸を上野くんの背中に当てる。妙な均衡を保ちながら島の夏を過ごす彼らだったが、奇妙な現象が起こり始める。島の子供ヒデは不意に幻影を見、ナルトシはとりつかれたようにガソリン兄弟を叩きのめす。そして「木彫りのおばあちゃん」が島に流れ着き、それを拾ったナルトシの前に、拳銃を持った和久田が現れた。和久田の拳銃に頭部を撃たれ、ナルトシは死ぬ。残った連中はバラバラになって、夏の続きを過ごしていく…。...

スタッフ

監督
脚本
安田潤司
唐原理恵
製作
安田潤司
宮崎マサヤ
唐原理恵
撮影
諸沢利彦
美術
石毛朗
録音
鈴木昭彦
照明
長井和久
編集
安田潤司
監督補
西山洋一
助監督
井本宇明

キャスト

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 P.P.P Project
上映時間 107分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi