百年の絶唱
ホーム > 作品情報 > 映画「百年の絶唱」
メニュー

百年の絶唱

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中古レコード店に勤める青年にダム建設で村を沈められた男の記憶が浸透していく様子を描いた実験的な怪談。監督と脚本は、「汚れた女」など瀬々敬久監督作品の脚本家として知られる井土紀州。録音はこれまで小川プロのスタッフとして参加してきた菊池信之が当たっている。8ミリ作品。

ストーリー

平山は中古レコード店でアルバイトをしながら、作詞家を目指してはいるもの、別れた女・直美のことが忘れられずに空虚な日々を送っている。ある日、平山は店主の久米に付き添って、失踪した男が残していったレコードを引き取りに行く。そこで耳にしたこの世のものとは思えぬ異様な声。そして怪しい女が帰っていく平山たちを物陰から見ていた…。平山は失踪した男の部屋からレコード・プレイヤーと数枚のレコードをもらって帰った。その日以来、平山の周辺で奇妙なことが起こり始める。夜中にドアが叩かれ、開けると誰もいなかったり、留守番電話に口笛が入っていたり、さらにはドアに血文字が書かれたり…。どうやらそれらは失踪した男とつきあっていた女の仕業のようなのだが、平山は次第に気がおかしくなり、ついには失踪した男の記憶が平山を浸透する。失踪した男は、ダム建設で自分の村を水没させた連中を次々と殺害し、志半ばで命を絶っていた。今や失踪した男と完全に同化した平山は、全力疾走で廃墟の小学校にたどり着き、そこで亀のミイラを見つけると「亀が死んだぁ」と悲鳴のように叫んだ。...

スタッフ

監督
脚本
井土紀州
脚本協力
松本圭二
製作
松岡亨
中澤純子
プロデューサー
吉岡文平
撮影
西原多朱
追加撮影
高橋和博
録音
菊池信之
プロツールスオペレーター
加藤智陽
照明
伊藤学
助監督
馬見塚仁
スチール
月島ライノ

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 スピリチュアル・ムービーズ・フィルム・プロダクション配給(配給協力*スロー・ラーナー=スタンス・カンパニー)
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「百年の絶唱」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi