陽気な天使
ホーム > 作品情報 > 映画「陽気な天使」
メニュー

陽気な天使

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「りんご追分」の作曲者米山正夫の作詞作曲になるスウィングを美空ひばりが歌う音楽映画。脚本構成は米山正夫と製作者の大町龍夫、「新婚の夢」の斎藤宗一が二度目の監督にあたっている。撮影は「姉妹(1953)」の厚田雄春。美空ひばりの他「憲兵」の十朱久雄、「岸壁」の森川まさみ、子役として本多康彦(ちどり会)、小島輝明(若草劇団)が出演する。

ストーリー

牧師の娘泉ゆかりは日本のベティ・ハットンをめざすスウィング好きの少女だが、彼女の陽気な歌に教会の聖歌隊全員が感染してゆくのを聖歌隊の教師白石先生は喜ばない。神の使徒として厳粛をのぞむのである。父泉牧師は、母のないゆかりをのびのびと育てたい希いから、スウィングもまた結構、という立場である。ある日、ゆかりと同じく母のない貧しい兄弟が教会を訪れ、弟の誕生日のお祈りをしたいという。その日は礼拝のない日だったが、ゆかりは特別にお祈りをあげてやったばかりか、今晩坊やのために誕生祝い祝いをしてあげる、と約束する。一方、泉牧師は会堂の中でオルガンのスウィングが鳴っているのを聴き、てっきりゆかりだと思うが、その実は白石先生だった。彼女もひそかなスウィング・ファンなのである。しかし聖歌隊の練習所に立ち帰った先生は、やはりゆかりのスウィングをこっぴどくたしなめる。--が、泉牧師から今夜の誕生祝いの計画をきかされて、彼女はゆかりの真心に感動した。その夜。--ゆかりが貧しいながらも心をこめた食卓をしつらえ、兄弟を迎えに出たあと、白石先生は新たに豪華な祝宴の仕度をした。やがてお祝いの席上で陽気に歌うゆかりのスウィングを、牧師も兄弟も聖歌隊員も、そして白石先生もまたたのしげに聴きほれた。...

スタッフ

監督
脚本
米山正夫
大町龍夫
企画
福島通人
製作
大町龍夫
撮影
厚田雄春
美術
平高主計
音楽
米山正夫
録音
新楠元
照明
高下逸男

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 43分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi