水郷哀話 娘船頭さん
ホーム > 作品情報 > 映画「水郷哀話 娘船頭さん」
メニュー

水郷哀話 娘船頭さん

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「若旦那と踊子」の伏見晁が脚本を執筆、短篇映画「娘の晴着」を発表した萩原徳三が第一回長篇作品としてメガフォンをとる。撮影は「おとこ大学 新婚教室」の厚田雄春、音楽は「あなたと共に」の池田正義が担当する。出演者は「七変化狸御殿」の美空ひばり、「ママ横をむいてて」の石浜朗、「この世の花」の片山明彦、「あなたと共に」の御園裕子、「八州遊侠伝 白鷺三味線」の市川小太夫、「おふくろ(1955)」の沢村貞子など。

ストーリー

水辺の町潮来に、お光の家は兄の信一と祖父の源助と三人暮しである。源爺は漁に出かけ、信一は渡しの船頭をやっている。お祭も近くなったある日、美校生の水野が東京から絵を描きにやって来て、信一とお光と知り合い仲良しになった。信一はかねてから東京で働きたいと思っていたが、源爺はそれに反対であった。お光は、しかし、水野の叔父が東京でラジオ工場をやっているというので、信一の就職を水野に頼むのだった。間もなく東京へ帰った水野は、早速手紙をよこして信一の就職に承諾の意を示した。あとのことを心配する信一だったが、お光は兄を元気づけてそっと東京へ発たせた。それを知って立腹した源助も、ほんとは淋しそうで、居酒屋で酔って来る日が多く、そのためかやがて寝込んでしまいワカサギ漁にも行けなくなった。お光は漁師の久作に頼んでワカサギ漁に連れて行ってもらい、その分前の金を信一を愛している妙子に託した。信一が工場で怪我をしたと云う知らせがあったからだ。始めてそれを知った源助は、心配の余り、お光の前で信一に対する憤りの念をもらした。ところが妙子とすれ違いに帰って来た信一は、図らずもその声を外から耳にし、自分の弱気を恥じてそのまゝ東京へ引き返して行った。無理してワカサギ漁に出た源助の容態が悪くなり、床に就いてしまった。お光は渡し場にいて、再び訪れた水野の姿を見出した。水野は約束した絵をお光に渡し、霞ケ浦を廻って東京へ帰って行った。お光が家へ帰ると、源助が苦しい息の下で信一の名を言いかけながら息を引きとった。水の上をお光の船が通り、その歌声も悲しく流れて行く。...

スタッフ

監督
脚本
伏見晁
企画
福島通人
製作
保住一之助
撮影
厚田雄春
美術
木村芳男
音楽
池田正義
録音
熊谷宏
照明
高下享三

キャスト

作品データ

原題 Little Girl Shipper
製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD]
宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD]
発売日:2015年5月29日 最安価格: ¥20,520 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥4,044 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,791
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi