パンツの穴 本牧ベイでクソくらえ
ホーム > 作品情報 > 映画「パンツの穴 本牧ベイでクソくらえ」
メニュー

パンツの穴 本牧ベイでクソくらえ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

遠い国へ旅立つことを夢見る少年とヤクザの父を持つお嬢様の青春模様を本牧を舞台に描く。雑誌『BOMB!』の同名人気コーナーをもとにした映画化で、脚本・監督は「SEXYダイナマイト マドンナのしずく」の石川均、共同脚本は「マドンナ 聖女ペッティング」の沢木毅彦、撮影は「童貞物語4 ボクもスキーに連れてって」の遠藤政史がそれぞれ担当。

ストーリー

理絵は山の手女学院に通うお嬢様。五歳のときにロンドンに留学し、10年ぶりに本牧に戻ってきたのだった。ある日ひょんなことから理絵に出会い一目惚れしてしまった呉服屋の息子浩は、彼女が幼な馴染みの女の子であった事を知り、運命的なものを感じる。しかし、そんな彼女を跡取りに、と考えているヤクザの父親栗岡は、強い男を娘の婿にとお見合いの話を進めようとするが、理絵には10年前から密かに想いを寄せている初恋の相手が忘れられないのだった。一方、浩は遠い国へ旅立つことを夢見て、仲間の二人とともに資金かせぎに精を出しているが、理絵や憧れている年上の女性葉子との別れに未練を抱き、心は揺れ動く。SM夫人のウンコを食べたり、オカマに犯されたり、と散々な目に会いながらも必死でお金を稼いでいる仲間の二人はそんな浩にカンカンだった。ある日、浩たち三人組は不良グループ同志の抗争に巻き込まれてしまう。そして、その仲裁に入ったのが、なんと理絵だった。ヤクザの娘の面目躍如とばかりに、バズーカ砲を打ち込む理絵。そこで彼女は父親の前で、自分の初恋の相手が、その不良グループのリーダー飯野であることを告白する。何日かたち、遂に旅立つ決心をした浩は、理絵に別れをつげ、船に乗って遠い国へ旅立っていったのだった。...

スタッフ

監督
脚本
沢木毅彦
石川均
製作総指揮
安威誠
企画
鵜之澤伸
木下一夫
天野真弓
プロデューサー
渡辺正憲
飯島茂
川城和実
制作
パインウッド
制作協力
渡辺プロダクション
撮影
遠藤政史
美術
橋本良二
音楽
渡辺勝
音楽プロデューサー
石黒典生
主題歌
爆風スランプ
録音
横溝正俊
照明
隅田浩行
編集
菊池純一
助監督
佐藤隆之
スチール
竹内健二

キャスト

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
配給 バンダイ
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

「パンツの穴」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi