人間
ホーム > 作品情報 > 映画「人間」
メニュー

人間

劇場公開日

解説

野上彌生子原作『海神丸』より、「斬る(1962)」の新藤兼人が脚本・監督した人間ドラマ。撮影は黒田清巳。

ストーリー

真夏の早朝、小さな荷役船海神丸は東九州南端の漁村を出港した。船長は亀五郎、船頭は八蔵、最年少の三吉は船長の甥、海女の五郎助が便乗した。食料は盆迄に帰る二日の旅には十分だった。午後になって陽がかげり、黒雲が襲いかかった。夜になっても海は凶暴に牙をむいた。海神丸は竜巻の奈落へ落ちた。夜が明け嵐が収まった。雄渾な夏雲。海神丸の無残な姿。ギラギラ照りつける太陽。もう五日も漂流している。食糧の大半は波にさらわれてしまった。米四升、里芋五、六個、大根二本、たくあん一本が命の綱だった。八日目、太陽は相変らず照りつけている。米がなくなった。水は二合ばかり。亀五郎は、自分の割当ての水を金比羅さんに捧げ祈った。その夜、亀五郎は金比羅さんの幻影をみた。“亀五郎、水はあるぞ”朝になった。中空に雨雲が広がっていた。たたきつけるような豪雨。四人は水をたらふく飲んだ。が、飢は迫ってきた。二十四日目だった。八蔵は船長に食糧を分けろと言った。食糧は四等分された。五郎助と八蔵は、その場で分け前の食糧を全部食べた。三十日目だった。八蔵は五郎助をそそのかした。“三吉を食おう!”夜が明けた。八蔵は三吉を鉈で殴った。血が散った。それを見て二人は恐怖におののいた。二人は動物のように泣き伏した。“三吉ゆるしてくれ!”。太陽が真っ赤に燃えて沈んでゆく海に、三吉の屍が水葬にされていった。その夜、亀五郎は、金比羅さんのお告げの夢をみた。船に救われるのだ。朝になった。三人は水平線上の船を見た。五十九日目だった。貨物船で彼らは医者と食べ物の手当を受けた。大島が見えた時、不意に五郎助は立ち上った。狂ったのだ。五郎助は下甲板に落ち死んだ。船は横浜に着いた。突然八蔵が異様な悲鳴をあげ、ナイフで胸を刺し海へ落ちていった。船の鋭い気笛が長く尾をひいて止んだ。...

キャスト

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
上映時間 116分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • タイトル通りに人間の一面を描き切った作品 DVDにて視聴。小さい画面で見たにも関わらず、冒頭から船内での息詰まる展開に引きずり込まれます。殿山泰司、乙羽信子に佐藤慶ら名優の迫真の演技に感服。今作の様に極限状況で現れる人間の一面をストレー... ...続きを読む

    まーちん まーちんさん  2015年8月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

ダブリンの鐘つきカビ人間 2005年版[DVD] 人造人間キカイダー VOL.1[DVD] NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか DVD-BOX[DVD] 妖怪人間ベム DVD-BOX[DVD]
ダブリンの鐘つきカビ人間 2005年版[DVD] 人造人間キカイダー VOL.1[DVD] NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか DVD-BOX[DVD] 妖怪人間ベム DVD-BOX[DVD]
発売日:2007年10月17日 最安価格: ¥4,653 発売日:2008年4月21日 最安価格: ¥8,187 発売日:2012年6月22日 最安価格: ¥12,697 発売日:2012年3月28日 最安価格: ¥11,145
Powered by 価格.com

他のユーザーは「人間」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi