ナンミン・ロード
ホーム > 作品情報 > 映画「ナンミン・ロード」
メニュー

ナンミン・ロード

劇場公開日

解説

祖国を捨て、夢を求めて日本に渡って来たボートピープル。懸命に生きる彼らが直面する厳しい現実を描く。脚本・監督は「津軽 TSUGARU」の五十嵐匠。共同脚本は「ロックよ、静かに流れよ」の北原陽一。撮影は「ラスト・フランケンシュタイン」の志賀葉一がそれぞれ担当。

ストーリー

1980年、夏。ベトナムから日本に逃れてきたトク(14歳)とヨン(12歳)は、慣れない土地で肩を寄せ合って生きていた。ある日、難民センターを抜け出した2人は、彼らを追う警官と揉み合った末、トクは思わずその警官の拳銃で、警官を撃ってしまう。9年後、下町の鋳物工場で不法就労のアジア人達と共に働くトクの姿があった。3K仕事に勤しむトクだったが、彼にはそんな辛さを忘れさせてくれる恋人のキムと、大学進学を夢見てOL生活に励む実妹のランがいた。ランは働きながら密かにボランティアの日本人青年・池上との恋を育み、進学のための大学検定試験の勉強に励む毎日。キムは水商売に手を染めながらも、より良い明日を信じて生きる逞しい女。彼女の夢は、自分の体の半分を流れている未だ見ぬ父親の住むアメリカにトクと移住すること。しかし、トクにはキムのその願いをかなえることは出来なかった。彼は、9年前の事件以来、難民センターから行方をくらました外国人登録証を持たない幽霊難民だったのだ。そんなある日、トクはヨンに再会する。ヨンはすっかり変わっていた。大きなチャンスをつかもうと悪の道に手を染めていたのだ。難民という肩書きを背負う彼らに、次々と襲いかかる苦悩。そんなある日、組から預かった金をスラれてしまうヨン。彼を助けるべくトクは、ランが大学入学のために貯めた金を渡してしまう。だが金を盗んだのが組織の罠であることを知ったヨンは、金を取り戻すが、それによって組から追われることに。トクの目の前でヨンは組員の銃弾に撃たれて、若き生命を散らせていくのだった。...

スタッフ

監督
脚本
五十嵐匠
北原陽一
原作
内山安雄
製作
増田久雄
プロデューサー
佐倉寛二郎
空閑由美子
撮影
志賀葉一
美術
部谷京子
音楽
寺嶋民哉
録音
林大輔
照明
白石宏明
編集
奥原好幸
監督補
小林のぞみ
助監督
日垣一博
スチール
奥川彰

キャスト

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 アルゴプロジェクト
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ナンミン・ロード
ナンミン・ロード
2010年9月10日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi