映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記
ホーム > 作品情報 > 「映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」
メニュー

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

劇場公開日

解説

小惑星に作ったおもちゃの街を舞台に、おなじみドラえもんとのび太たちが活躍するジュブナイル・アニメーションの第18弾。監督は「忍たま乱太郎」で総監督を務めた芝山努。脚本は96年に亡くなった原作者の藤子・F・不二雄が前作「ドラえもん のび太と銀河超特急」に引き続き執筆し、これが遺作となった。

ストーリー

ドラえもんが持っていた22世紀の福引きの外れ券で美しい小惑星を手に入れたのび太は、生命のネジを使って、しずかちゃんたちとそこにおもちゃの街“ねじ巻き都市”を作ることにした。ところが、エッグハウスで育てていたおもちゃのブタのピーブが、落雷の影響で突然進化を開始する。ほかのおもちゃたちの指導者となったピーブは、やがて自分たちの手で街の建設を始めた。一方その頃、脱走中の凶悪犯・熊虎鬼五郎がねじ巻き都市に紛れ込んでいた。鬼五郎はエッグハウスで自分のコピーを作ると、ジャイアンが見つけた金塊を狙って山奥の湖に向かう。しかし、それは金塊ではなく形を自在に変えられる金色の怪物だったのだ。ドラえもんの不思議な力を知った鬼五郎は、ドラえもんを利用して怪物を退治させようとする。ところが、実はその怪物は、この小惑星に命を与えた“種まく者”であったことがのび太によって判明した。種まく者からこの星を楽園にするように言われたのび太は、おもちゃたちと力を合わせて、街を征服しようとする鬼五郎たちに戦いを挑み、見事勝利を収める。こうしてねじ巻き都市の平和は取り戻され、街をピーブたちに委ねたのび太たちは地球へ戻っていった。...

スタッフ

監督
監修
楠部大吉郎
脚色
藤子・F・不二雄
原作
藤子・F・不二雄
製作総指揮
藤子・F・不二雄
プロデューサー
山田俊秀
木村純一
梶淳
作画監督
富永貞義
撮影
梅田俊之
美術
森元茂
音楽
菊池俊輔
矢沢永吉
山野さと子
録音
浦上靖夫
効果
柏原満
編集
岡安肇
制作デスク
市川芳彦
大沢正享
特殊撮影
渡辺由利夫
CG
野中和実
CGプロデューサー
山浦宗春

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ドラえもん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi