映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記
ホーム > 作品情報 > 「映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記」
メニュー

映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記

劇場公開日

解説

ドラえもんやのび太たちが、宇宙人の侵略から地球を守る為に繰り広げる大冒険を描いたジュブナイル・アニメーションのシリーズ第20作。監督は「ドラえもん のび太の南海大冒険」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太の南海大冒険」の岸間信明が脚本を執筆。撮影を「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の梅田俊之が担当している。声の出演は、「ザ★ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?」の大山のぶ代と「のび太の結婚前夜」の小原乃梨子ら。映画テレビ20周年記念作品。

ストーリー

ほんものの宇宙を舞台にした・スター・クラッシュ・というゲームで遊んでいたのび太たち。ところが、ジャイアンとスネ夫がゲームの中で迷子になってしまった。しかも、ふたりが入ったゲームを謎のUFOが持ち去ってしまったから、さあ大変。焦ったドラえもんは、のび太が裏山で見つけた不思議な石を頼りに、・宇宙救命ボート・でUFOを追跡することになる。なんとかUFOに追いつき、ジャイアンとスネ夫に再会するドラえもんたち。彼らはそこで「宇宙少年騎士団」と名乗るUFOの乗組員のリアンたちと出会う。300年前、環境破壊によって住むことの出来なくなった星を捨て、居住可能な惑星を探す旅に出た「銀河漂流船団」の新世代であるリアンたちは、太陽系の調査を終え、銀河漂流船団の母船に帰艦するところだった。ドラえもんたちは、そんな宇宙少年騎士団と冒険かたがた彼らの母船まで同行することになるが、彼らを乗せたUFOは次々に原因不明の故障やトラブルに見舞われていく。巨大なクモの怪物に襲われたり、幻覚を見せる星に不時着したり、ブラックホールに飲み込まれそうになったり、宇宙船の墓場に迷い込んだり…。その度に、ドラえもんの活躍で難を逃れることに成功するのび太やリアンたち。だが、突如出現した遂に謎の船団にはどうすることも出来ず、拉致・連行されてしまうのであった。彼らが連れて行かれたのは、銀河漂流団の独立軍の前線基地だった。そこでは、アンゴルモアというノストラダムスの予言に出てくる怪しげな男が、リアンの父で司令官のリーベントをマインドコントロールして武力による地球侵略を企んでいた。それを知ったドラえもんたちは、アンゴルモアの計画を阻止すべく、リアンらと共に宇宙要塞を脱出。母船に帰り装備を調え、アンゴルモアに戦いを挑んでいった。スター・クラッシュの戦闘機に乗り込みリアンを援護するドラえもんたち。彼らは、リーベルトをマインドコントロールから解放sすると、実は軟体生物だったアンゴルモアの撃退し、見事、地球を侵略の危機から救うことに成功するのであった。...

スタッフ

監督
脚本
岸間信明
原作
藤子・F・不二雄
原作作画
萩原伸一
プロデューサー
山田俊秀
木村純一
梶淳
メカニックデザイン
宮武一貴
作画監督
富永貞義
基本設定
川本征平
撮影監督
梅田俊之
美術監督
森元茂
美術設定
沼井信朗
主題歌
山野さと子
SPEED
録音監督
浦上靖夫
ミキサー
内山敬章
効果
庄司雅弘
編集
岡安肇
音楽作曲
大江千里
堀井勝美
制作デスク
馬渕吉喜
別紙直樹
制作担当
小倉久美
大澤正享
特殊効果
土井通明
色彩設計
松谷早苗
稲村智子
アシスタントミキサー
大城久典

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

「ドラえもん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi