ドドンパ娘、川を行く
ホーム > 作品情報 > 映画「ドドンパ娘、川を行く」
メニュー

ドドンパ娘、川を行く

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

おつかいの途中、バスに乗り遅れて船に乗ったドドンパ娘の船旅の話。監督は自主映画出身の二見薫、カメラは記録映画の広内捷彦。映画の中で歌われる曲は「東京ドドンパ娘」(渡辺マリ)、「海のジプシー」(田端義夫)、沖縄の俗謡歌「十九の春」(田端義夫他)、ヘレン・シャピロの日本語カバー「子供ぢゃないの」(弘田三枝子)。これらを登場人物が歌い、服部良一・笠置シズコの「ペコちゃん セレナーデ」と内橋和久のオリジナル曲が彩りを添える。

ストーリー

ある夏の午後、おつかいに行く鶴子はバスに乗り遅れる。一案を考じた鶴子は船に乗せてもらい、船頭の“おっちゃん”と歌合戦を展開しながら目的地へと向かう。途中、ちんどん屋を乗せた宝船が鶴子と行き違う。調子に乗った鶴子はラジオを川に落としてしまう。すると川の中でも音楽に誘われて、魚たちがラジオに集まる。やがてそんな船旅も終わり、鶴子はおっちゃんに別れを告げて去る。...

スタッフ

監督
製作総指揮
高岡茂
撮影
広内捷彦
美術
磯見俊裕
音楽
内橋和久
編集
大星慶祐
二見薫
助監督
松林展也

キャスト

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 FILM春夢

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi