トップドッグ TOP DOG
ホーム > 作品情報 > 映画「トップドッグ TOP DOG」
メニュー

トップドッグ TOP DOG

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界グランプリ・レースに挑戦するライダー達の姿を描く。脚本はミケーレ・ブラーガと高城和彦の共同執筆。製作・総監督は「プライド・ワン」(製作)の高木巖、撮影監督はエンリコ・ジャンニがそれぞれ担当。出場ライダーは平忠彦、ワイン・ガードナー、ランディ・マモラ、エディー・ローソンら。日伊合作。

ストーリー

1987年世界チャンピオンGPレースではユーゴスラビア、オランダのレースと熾烈なトップ争いが繰りひろげられていた。ライダーは昨年のチャンピオン、エディー・ローソンとワイン・ガードナー、ランディ・マモラ。日本の平忠彦は全日本選手権でV3を果たし、世界GPレースへと旅立った。レースは毎週のように各国で開催されている。日本での鈴鹿8時間耐久レースを控えたフランス、ル・マンでのレースで平は不運に見舞われた。練習走行中転倒し、首と鎖骨、肋骨、右手を骨折する重傷を負ったのだ。平は鈴鹿を欠場せざるをえなかった。ヤマハ・テック21チームは平をリーダーとしてケビン・マギーとマーチン・ウイマーで編成を組み、混戦の末に勝った。ライダーとして鈴鹿に出場できなかった平の心境は複雑だったが、傷が完治しないままイギリスGPレースへと参加した。ここで平はコースレコードを出しうっぷんを晴らした。続いてチェコスロバキアGPレースで平は3位に入り、サンマリノで4位と健闘したが、ポルトガルでは再び事故に遭った。そしてライダーたちは最後の決戦となる史上初のGPレース開催地の南米へ渡っていった。...

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 東宝東和
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi