照る日くもる日(1954)
ホーム > 作品情報 > 映画「照る日くもる日(1954)」
メニュー

照る日くもる日(1954)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大佛次郎の原作を「新鞍馬天狗 第二話 東寺の決闘」の松浦健郎が脚色し、「東尋坊の鬼」の志村敏夫が監督する。撮影は「快傑鷹」の栗林実。出演者は「右門捕物帖 まぼろし変化」の嵐寛寿郎、南悠子、「千姫(1954)」の大河内傳次郎、「快傑鷹」の中川晴彦、扇千景のほか雅章子、長門裕之、杉山昌三九などである。

ストーリー

前篇・嘉永六年、江戸では徳川幕府を覆し新しい日本を築こうとする勤王の志士と、これに対抗する幕府の暗殺団の間で、連日死闘を繰り返していた。細木年尾と岩村妙は隣同志に住み恋仲だったが、父親は相反する主義の為、共に犠牲となった。倒幕派の急先鋒は白雲堂である。白雲堂から父の最期を聞かされた年尾は彼と共に運動に挺身する。加納八郎を主領とする暗殺団のきびしい探索から二人をかくまってくれた祇園芸者のお林と、年尾を慕う女賊お銀は、疑われて倒幕派に捕えられた。情報を受けて、白雲堂と年尾は加納邸内に秘かに入りこみ、首尾よく二人を救い出したが、折しも奥座敷では加納の息子節哉と妙が無理強いの祝言中である。かっとなった年尾は白雲堂の注意も忘れて斬り込み、邸内は大乱闘となった。 後篇・加納一派、白雲堂、年尾等は、それぞれ目的の為京へ入った。京の街は倒幕運動の本拠地である。西郷吉之助始め勤王の志士達は、必死の探索の末、加納等の隠れ家をつきとめた。白雲堂は、加納派の大庭を捕えて偽廻状を書かせ、糺の森へ加納一派を誘い出す手筈をととのえたが折も折、手下の源次が加納からすって来た印篭から、加納八郎こそ年尾の実父なることが分った。途中、白雲堂は密告で逆に新撰組に取巻かれるが、斬りまくって危急をきり抜け、急ぎ森へ駈けつけると、加納派に囲まれた年尾が、将に加納の刃を受ける所である。白雲堂から印篭を返された加納は、じっと年尾の顔を見つめていたが、静かに去って行った。やがて年尾はその後を追った。...

スタッフ

監督
脚色
松浦健郎
原作
大佛次郎
撮影
栗林実
美術
西七郎
音楽
山田貴四郎
録音
八島宇一郎
照明
田辺憲一

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi