月の渡り鳥
ホーム > 作品情報 > 映画「月の渡り鳥」
メニュー

月の渡り鳥

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作は、長谷川伸の三尺もの『鯉名の銀平』から、「紅蝙蝠(1950)」をあげた衣笠貞之助が脚本を書き演出に当たったもので、長谷川一夫が「阿修羅判官」に引きつづき出演、「暴夜物語」をあげた乙羽信子と初めて顔を合わせる。ほかに黒川弥太郎、香川良介、澤村國太郎などが助演している。

ストーリー

天保の頃の下田の港。背に鯉の刺青があるので鯉名の銀平と呼ばれる鳶職の若者は、駄菓子屋の五兵衛の娘お市を心ひそかに想っていた。五兵衛の博徒時代の親分大鍋は、今では堅気の網元だが、帆立の網元丑松は下田の利権を腕ずくでも奪い取ろうとのり込んで来て喧嘩を売って来たのを銀平が引き受けて痛い目に逢わせてやった。しかしこの喧嘩のどさくさに、五兵衛が卯之吉とお市をめあわせようとしたのを、銀平はお市が卯之吉を愛しているためと早合点して旅へ出てしまった。旅から旅への渡り鳥の生活を数年してやっぱり下田とお市恋しさに銀平が帰って来て見ると、大鍋の島太郎の死後、帆立の丑松がすっかり権勢を振るい、五兵衛は中風で寝たきり、お市と結婚して卯之吉はすっかり気の弱い男になっていた。丑松は銀平が帰って来たと知って仕返しをおそれ、反抗もしない五兵衛一家を所払いにしようとした。卯之吉は銀平がお市を宿へ呼んだのを知って嫉妬にかられて丑松のところへ駆け込み銀平を斬ってくれと頼んで却って自分迄丑松に縛りあげられた。銀平は心ならずも一暴れして、丑松一家を叩き斬り、お市に卯之吉と仲よく暮らすよういいおいて、迎えの役人に曳かれて行った。...

スタッフ

監督
脚本
衣笠貞之助
原作
長谷川伸
企画
清川峰輔
撮影
杉山公平
美術
角井平吉
音楽
西梧郎

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

日蓮と蒙古大襲来[DVD] 忠臣蔵[DVD] 次郎長富士[DVD] 秦・始皇帝[DVD]
日蓮と蒙古大襲来[DVD] 忠臣蔵[DVD] 次郎長富士[DVD] 秦・始皇帝[DVD]
発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,818 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076 発売日:2013年11月22日 最安価格: ¥2,000 発売日:2014年1月24日 最安価格: ¥2,000
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi