壇の浦夜枕合戦記
ホーム > 作品情報 > 映画「壇の浦夜枕合戦記」
メニュー

壇の浦夜枕合戦記

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

頼山陽原作と伝えられその格式の高さと、名文をもって好事家の秘宝ともてはやされている『壇の浦夜合戦記』の映画化。脚本は「濡れた欲情 ひらけ!チューリップ」の神代辰巳、監督も「悶絶!! どんでん返し」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

ストーリー

位は人臣を極わめ、女体をほしいままにし、子孫の繁栄に恵まれ、望みは全て満たされていた平清盛も、熱病の前にたおれる。時を経て、平家は利あらずして源氏の軍勢に長門の壇の浦に追いつめられ、盛者必衰の理のままに敗れ去った。八歳になる安徳帝とともに、母・建礼門院は、海へ身を投げた。しかし、建礼門院をはじめ、数人の女院たちは、死にきれず源氏の手のものに捕われる。源義経は勝利の宴を開く。女院たちにむらがる源氏の武将たち。そこでは、自らの明日の命もわからぬままに、源氏のあらくれ武将たちにすきかってにあしらわれる女院たちの姿があった。義経は建礼門院に酒を進め、惟盛の命を救うかわりに、建礼門院のカラダを自由にすることを約束する。それから、義経と建礼門院のからみ合いが始り、義経の若い逞しい肉体に建礼門院は、今までに感じたことのない女の喜びを知り、最後に、これが生きることなのですねと言葉を発した。...

スタッフ

監督
脚本
神代辰巳
原作
頼山陽
製作
三浦朗
制作補
栗原啓祐
撮影
姫田真佐久
美術
柳生一夫
音楽
中谷襄水
沖至
録音
古山恒夫
照明
直井勝正
編集
鈴木晄
助監督
鴨田好史
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi