たぬき坊主
ホーム > 作品情報 > 映画「たぬき坊主」
メニュー

たぬき坊主

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の渡辺祐介と、「吸血髑髏船」の下飯坂菊馬が脚本を共同執筆、渡辺祐介が監督した喜劇。撮影は「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の荒野諒一が担当。

ストーリー

ここは通称「たぬき部落」。この村には浄明寺という寺があるが、住職がいなかった。そこで、村の有力者、農協組合長の牛岡伴作、医者の地比田伍助、巡査の北山大薄造は北海道から住職を呼ぶことになった。やってきた甲丸和尚という男はおよそ、住職らしくないいでたちで女房おるい、腹ちがいの娘サエ子、それに念々、自然という三人の子供を連れていた。村人たちは甲丸の住職らしからぬ言動、服装に腹を立て、いやがらせに出た。しかし、甲丸は得意の話術と心臓の強さで煙にまいてしまうのだった。そんなある日、甲丸は墓地で、田坂圭子を見た。圭子は念々、自然たちの学校の教師で、伴作の家に下宿していた。圭子には辰男という夫がいるが、村の者は本当にせず、甲丸もその美しさにゾッコン、ホレ込んでしまった。甲丸のナマグサぶりは見事だった。法要に行ってもお経はあげず、お布施だけを持ち帰ったり、念々に伴作家の屋根瓦をハガさせ、雨もりがするとさわいでは、圭子を浄明寺の離れに連れてきたりする無法ぶり。そんな甲丸にも、自然の死、サエ子と孫一の結婚、おるいの病気など、数多の事件が重なり、一人旅立つ事を思いついた。やがて、列車を待っている甲丸のもとに、病気で寝ているはずのおるいが来た。そんな彼女をみて、甲丸はより一層おるいに深い愛情をいだいた。二人はどちらともなく笑い出すのだった。やがて、列車はなつかしい汽笛を鳴らして、走り去って行った。...

スタッフ

監督
脚本
渡邊祐介
下飯坂菊馬
原作
生田直親
製作
織田明
撮影
荒野諒一
美術
森田郷平
音楽
菊池俊輔
録音
山本忠彦
照明
飯島博
編集
寺田昭光
スチール
金田正

キャスト

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

復讐するは我にあり[DVD] 喜劇 駅前弁当[DVD] その木戸を通って[DVD] 喜劇 駅前探検【期間限定プライス版】[DVD]
復讐するは我にあり[DVD] 喜劇 駅前弁当[DVD] その木戸を通って[DVD] 喜劇 駅前探検【期間限定プライス版】[DVD]
発売日:2012年2月22日 最安価格: ¥1,854 発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,791 発売日:2009年2月13日 最安価格: ¥5,184 発売日:2014年11月19日 最安価格: ¥2,700
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi