大感傷仮面
ホーム > 作品情報 > 映画「大感傷仮面」
メニュー

大感傷仮面

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

泣くと“大感傷仮面”に変身する冴えない改造人間が無敵のヒーローへと成長していく姿を描くドラマ。監督・脚本・音楽・編集は仙台在住の映像作家クマガイコウキ、撮影は小野寺修が担当。製作に「ぼのぼの」などの人気漫画家いがらしみきおがあたっている。(16ミリ)

ストーリー

泣くことによって大感傷仮面に変身する改造人間・田所は、かつて所属していた暴力団組織の会長の向坂から、対立組織ブラックシャドーの会長・広谷が開発したバイオ兵器を、女子従業員・石井恣意子をたぶらかす事によって奪取するという仕事の依頼を受ける。田所は計画に成功するが、使い捨てにするはずだった恣意子に惚れてしまった。恣意子の方は田所の裏切りに激怒し、バイオ兵器とともに行方をくらました。だがお互いのことが忘れられない2人は、ある時再会し、ともに連れ立って逃避行を図る。ブラックシャドーからの追っ手・新造の追及も逃れるが、その頃から恣意子の言動が異常になり、ある日彼女はベッドの上で巨大なサナギに変身した。恣意子こそが本当のバイオ兵器だったのだ。サナギから怪人が生まれ、田所は無念の思いで変身してその怪人を倒す。こうして田所は、その時の事を思い出せばいつでも泣けて大感傷仮面に変身できる、無敵のヒーローとなった。...

スタッフ

監督
脚本
クマガイコウキ
製作
いがらしみきお
プロデューサー
大平伸一
撮影
小野寺修
美術
奈良純
音楽
クマガイコウキ
録音
臼井勝
照明
田村文彦
編集
クマガイコウキ
監督補
常本琢招
助監督
斎藤拓生
スチール
庄司剛

キャスト

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 アイ・エム・オー
上映時間 65分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi