戦国群盗伝
ホーム > 作品情報 > 映画「戦国群盗伝」
メニュー

戦国群盗伝

劇場公開日

解説

かつてPCLで滝沢英輔によって監督された作品の再映画化。山中貞雄の脚本を今回新しく黒澤明が潤色、「銀座のお姐ちゃん」の杉江敏男が監督した。撮影は「まり子自叙伝 花咲く星座」の鈴木斌。

ストーリー

北条氏政が関東管領になった永録・元亀の頃、天城山を根城に野武士の一団が活躍していた。放浪の野武士・甲斐六郎は六十余州第一の浪藉者と自称する男だ。暴れ馬を捕えた手腕を買われ、その一団に加わった。--土岐左街門尉には、太郎・次郎の息があった。太郎は管領家へ献納する軍用金を護送する役を申しつけられた。彼は許婚・小雪姫を残して出立した。帰城と共に祝言を挙げるはずだった。次郎は小雪姫を慕っていた。兄が帰らねば……。家老の山名はそのつぶやきを聞き逃さなかった。--軍用金の行列は天城山中にさしかかった。野武士達が襲ってき、荷馬は突っ走った。六郎がその馬を追った。太郎も追ったが、撃たれ、落馬した。--城に生き残った供侍が帰ってきた。山名はその侍を斬り、左衛門尉には太郎が軍用金を持って逃げたと報告した。次郎も催促にきた管領家の使者に、そう告げた。管領家は太郎を極悪人として布告した。太郎は水車小屋の娘田鶴に助けられ、介抱を受けた。六郎は山塞に帰らず、軍用金を持ったまま消えたのだ。--村の居酒屋で、野武士たちは六郎を見つけた。乱闘。傷のいえた太郎が軍用金を探してやってきた。彼と六郎は意気投合し、野武士たちを追っぱらった。太郎は六郎の隠れ家を根城に軍用金を探すことにした。遂に六郎は軍用金を自分が隠していることを白状に及んだ。二人は軍用金と共に土岐へ向う。途中で、管領家の捕方に囲まれ、太郎はすぐに入牢した。城に連絡して貰えば解決すると思ったからだ。が、そうはいかなかった。--六郎は山塞へおもむき、野武士たちに太郎を救えと檄を飛ばした。野武士たちは太郎を救いだしたが、彼は六郎たちのとめるのも聞かず、城へ向うのだ。父や弟が裏切ったとは思えないし、小雪姫にも会いたかった。城門は開かなかった。小雪姫が彼の声を聞きつけた。山名がさえぎった。銃弾がとんできた。太郎は血まみれになった。その時、六郎たちが駈けつけた。太郎は叫んだ、“権謀術策の上に栄華を築く輩は総てわが敵だ。今日からはこの怒りと苦しみを忘れぬため、鎧兜も槍も太刀も皆、血の色に染めて戦うぞ”六郎たちはそれに和した、“おぬしに続くもの総てそれにならおうぞ”--これ以後、富士の裾野を、真紅の騎兵団が駈けめぐった。御用金は必ず奪われ、悪地主はこらしめられた。“天城の赤鬼”は百姓達から歓迎された。良民女子供を苦しめてはならぬ、--首領の太郎と六郎がつくった掟は厳しく守られていた。が、女に飢えた治部と梵天が水車小屋の娘を襲う事件が起きた。太郎に見つかると、逃げ、役人に密告した。勿ち山塞は囲まれ、焼打ちを受けた。野武士たちは一日後の再会を約して四散した。土岐では、左衛門尉が病床にあった。実権を握った山名と次郎は彼を亡き者にしたかった。次郎は父を遠乗りに誘い、崖下に突き落したのだ。太郎は葬儀に潜入し、小雪姫あてに脇差をとどけさせた。乙女峠で皆に再会した。崖下に父の死体を発見し、やっと陰謀が次郎と山名の仕業と悟った。太郎は野武士たちを連れ、城へ駈け入った。小雪姫はすでに脇差で自害していた。太郎のかたみの品として渡されたのだ。次郎は山名から城乗っ取りに利用されたのを知った。発狂し、放心した。山名は六郎の一刀に倒れた。--太郎は父と小雪姫を手厚く葬った。真紅の騎兵団は新天地へ向った。...

スタッフ

監督
脚色
山中貞雄
黒澤明
原作
三好十郎
製作
藤本真澄
西野一夫
撮影
鈴木斌
美術
北猛夫
音楽
団伊玖麿
録音
保坂有明
照明
西川鶴三

キャスト

作品データ

原題 Saga of the Vagabonds
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 115分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 戦国群盗伝 「戦国群盗伝」と云えば、何と云っても戦前、滝沢英輔監督、前進座総出演の作品にとどめをさす。雄大な富士の裾野を背景に、山田耕筰作曲の主題歌「山賊の唄」が流れ、西部劇タッチの活劇に叙情性もあり出色な... ...続きを読む

    hero heroさん  2011年4月28日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 七人の侍[DVD] 牝犬[DVD] 七人の侍[DVD]
七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 七人の侍[DVD] 牝犬[DVD] 七人の侍[DVD]
発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,681 発売日:2002年10月25日 最安価格: ¥6,683 発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥1,854 発売日:2015年2月18日 最安価格: ¥1,863
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi