正門前行
ホーム > 作品情報 > 映画「正門前行」
メニュー

正門前行

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

美大の卒業制作のシナリオ作りに行き詰まった大学生が、彼の周囲で起きた盗難騒動に巻き込まれていく姿を描いたコメディ。監督・脚本は「月島狂奏」の佐藤信介。撮影を「月島狂奏」の河津太郎が担当している。主演は「月島狂奏」の内野勝就。16ミリ。

ストーリー

美大の卒業制作として作らなければならない映画のシナリオ作りに悩んでいた神崎は、いいネタが思いつかず、おまけに撮影費用の当てもなく困り果てていた。恋人の恭子は、そんな彼のためにこっそり資金集めを続けている。久しぶりに学校へ顔を出した神崎は、金工科の小野寺の制作途中だった金のブレスレットが盗まれたという話を耳にした。小野寺の友人の掛井たちが犯人ではないかと疑っていたのは小野寺の彼氏の松永で、彼は恭子の前の彼氏でもあった。野次馬根性でなんとなく首を突っ込んだ神崎は、松永を知る人たちから話を聞くうち、これは映画のネタになるかもしれないと考え、掛井たちとは別に独自に取材を開始する。松永は小野寺のほかにも女子高生の瀬川とつきあっているようで、小野寺とケンカしていたという証言もあった。神崎は松永の後をつけ回すが、実際の彼は意外に好人物で、事件について直接話をした神崎は彼が犯人とは思えなくなる。ところが、以前に貸したお金を返してもらえないかと松永に頼みにきた恭子が彼のアパートから出てくるところを目撃した神崎は、慌てて松永の部屋に乗り込み、そこで例のブレスレットを瀬川が持っているのを見つけた。神崎は松永に詰め寄るが、ことの真相は卒業制作の出来を気に入らなかった小野寺が松永に渡していただけのことで、掛井たちの単なる勘違いだったのだ。結局、ブレスレットは松永から恭子への借金返済にあてられ、恭子は映画の製作資金の足しにと神崎にそれを渡す。ことの成り行きをこっそり覗いていた掛井たちは、何が何だか訳もわからず、あれこれと考えをめぐらせていた。...

スタッフ

監督
脚本
佐藤信介
プロデューサー
太田実
撮影
河津太郎
音楽
THE KING BISCUITS
録音
太田実
編集
佐藤信介
演出補
大堤慶子
スクリプター
大堤慶子
スチール
三浦志保
四十九院仁子

キャスト

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 66分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi