すずらん 少女萌の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「すずらん 少女萌の物語」
メニュー

すずらん 少女萌の物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

NHKの朝の連続テレビ小説『すずらん』の主人公・萌の少女時代にスポットを当て、彼女と彼女を巡る人々との交流を描いたドラマ。監督は「RAMPO」の黛りんたろう。脚本は、テレビ版と同じく清水有生が執筆。撮影を「落下する夕方」の中堀正夫が担当している。主演は、テレビ版でも萌役を演じ今回が映画初出演となる柊瑠美と、同じくテレビ版駅長役を演じた「セカンドチャンス」の橋爪功、そして「千里眼」の黒木瞳。

ストーリー

大正12年。北海道留萌線明日萌駅駅長・常盤次郎は、待合室に置き去りにされていた赤ん坊に萌と名付け、彼女を1年前に他界した妻の生まれ変わりと信じ育てた。それから11年、昭和10年の冬。12歳になった萌は、雪に埋まって鉄道事故に巻き込まれそうになったところを秀次という青年に助けられる。だが、彼は父親殺しで指名手配中の身の上だった。命の恩人である秀次に憧れを抱く萌は、彼がそんな人間だとは信じられない。そこで次郎に懇願し、彼を留萌の鰊番屋へ逃がしてもらう。ところで、次郎にはある悩みがあった。それは、2年前、萌に一目会いたいと言いながら、約束の日に彼女を駅の待合室に待たせたまま、結局姿を見せなかった母親・川本フキが、再び明日萌の近くに姿を現したこと。勿論、次郎は萌を二度も捨てたフキに会わせるつもりなど微塵もなかったが、その実、萌を彼女に取られてしまうのではという不安に駆られていた。だが、その相談を中村旅館の夫婦にしているのを、萌がこっそり聞いてしまう。募る母親への思いと育ての父への義理に、小さな胸を痛める萌。それから暫くして、彼女は中村旅館の一人息子・竹次郎と秀次の忘れ物を届けに鰊番屋へと出かけた。ところがその帰り際、萌は壁に掲げてある名札に母の名前を見つける。竹次郎の計らいで、番屋の手伝いをしながらフキの帰りを待つことになる萌。しかし、フキは既に番屋を離れた後だった。次々に船を出していく番屋の男衆。ところが、急に海が時化て漁は中止。綱を切らなければならない事態に、秀次がその役目を買って出たお陰で被害を最小限に食い止められるも、彼は命を落としてしまう。さて、迎えに来た次郎に連れられ明日萌に帰ることになった萌。その途中、彼女は川の対岸に母の姿を見る。それは、言葉も交わすことのない、ほんの束の間の再会であった。その後、萌は次郎とふたり、行燈祭りに賑わう明日萌の町に帰っていく。...

スタッフ

監督
脚色
清水有生
脚本協力
清水有生
製作総指揮
大谷信義
酒井治盛
製作
田中浩三
高橋康夫
チーフプロデューサー
野村芳樹
田代勝四郎
プロデューサー
田沢連二
吉岡和彦
坂美佐子
撮影
中堀正夫
美術
中澤克巳
音楽
岩代太郎
音楽プロデューサー
金子恒彦
小野寺重之
主題曲/主題歌
柊瑠美
灘麻太郎
録音
北村峰晴
音響効果
斎藤昌利
早川隆彦
照明
丸山文雄
編集
奥原好幸
衣裳/スタイリスト
及川有角
深沢由美子
ライン・プロデューサー
貝原正行
製作担当
芳川透
助監督
佐々部清
スクリプター/記録
牧野千恵子
スチール
永江和之
CGI
吉田祐司
橋本聡

作品データ

製作年 2000年
製作国 日本
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

森田涼花 すずらん[DVD] コクリコ坂から[Blu-ray/ブルーレイ] 千と千尋の神隠し[Blu-ray/ブルーレイ] 千と千尋の神隠し[DVD]
森田涼花 すずらん[DVD] コクリコ坂から[Blu-ray/ブルーレイ] 千と千尋の神隠し[Blu-ray/ブルーレイ] 千と千尋の神隠し[DVD]
発売日:2015年3月20日 最安価格: ¥3,201 発売日:2012年6月20日 最安価格: ¥5,146 発売日:2014年7月16日 最安価格: ¥5,331 発売日:2014年7月16日 最安価格: ¥3,691
Powered by 価格.com

他のユーザーは「すずらん 少女萌の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi