人生劇場 青春・愛欲・残侠篇のレビュー・感想・評価

人生劇場 青春・愛欲・残侠篇

劇場公開日 1972年7月15日
2件を表示 映画レビューを書く

田宮次郎が良い

ココミカルな田宮次郎が良いですよ❗

hideaki
hideakiさん / 2017年3月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青成瓢吉は簡単に

青成瓢吉は竹脇無我、吉良常は田宮二郎、飛車角は高橋英樹、宮川は渡哲也、おとよは倍賞美津子、東映版に引けを取らない布陣で3時間引っ張る。
この話は主人公である青成瓢吉に魅力が薄く、吉良常と飛車角が圧倒的に面白い。
東映版(内田吐夢監督)はこの二人と宮川に絞っているので、とても面白い。
松竹版も三人とおとよは存在感があり、主人公は影が薄い。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi