罠(1996)
ホーム > 作品情報 > 映画「罠(1996)」
メニュー

罠(1996)

劇場公開日

解説

横浜の名探偵・濱マイクが連続殺人事件の犯人によって仕組まれた罠に嵌められ絶対絶命の窮地に立たされてしまうサスペンス・シリーズの完結篇にあたる第3作。監督は「遥かな時代の階段を」の林海象。脚本は林と、やはり「遥かな時代の階段を」で組んだ天願大介との共同。撮影は「セラフィムの夜」の長田勇市が担当している。主演は「コールド・フィーバー」の永瀬正敏で、二役に挑んだ。共演にいつものレギュラーメンバーのほか、「夜がまた来る」の夏川結衣、「大失恋。」の山口智子など。R指定。

ストーリー

私立探偵の濱マイクは恋人・百合子との甘い日々を過ごしていた。ある日、百合子が黒い仮面を被った影男に襲われた。犯人は最近連続して起こっている毒物殺人事件犯と同一人物らしい。すんでのところで百合子を救ったマイクは犯人探しに乗り出すが、殺人事件の新たな犠牲者から彼の指紋が検出され、事件の容疑者にされてしまう。マイクは星野の手引きで身を隠したが、錠を初めとする探偵仲間の協力を得て捜査を続行した。やがて水月という女が浮かび上がり、マイクは墨田という老女から孤児院時代の水月の恐ろしい行状を聞かされる。しかし、マイクは彼を執拗に追う中山刑事に逮捕され、マイクを逃がそうとした星野も撃たれてしまう。身動きの取れなくなったマイクを助けたのは神津刑事だった。神津は百合子が影男に誘拐されたとマイクに告げる。水月と彼女が溺愛するミッキーの部屋に監禁された百合子は、水月の命令でミッキーの母親役を演じさせられていた。水月はミッキーを捨てた母親を探し出して復讐しようとしていたのだ。水月はこれまでと同様の手口で百合子の命を奪おうとしたが、その時、ミッキーが毒物の入った注射針を水月の背中に刺した。乗り込んできたマイクによって事件は解決したが、その後、百合子が再びミッキーにさらわれてしまう。ふたりを追って下水道へ入ったマイクは全てがミッキーが仕組んだ悪魔の計画であったことをつかんだが、轟々と流れる下水の中に真犯人の姿を見失った。9カ月後、妹・茜の元に失踪していたマイクと百合子からFAXが届いた。そこには、ふたりが長い旅の途中にあることが記されていた。...

スタッフ

監督
脚本
林海象
天願大介
企画
福寿祁久雄
製作
後藤豊
プロデュース
嵯峨芳春
プロデューサー
古賀俊輔
林海象
桜井勉
撮影監督
長田勇市
美術監修
木村威夫
美術
増本知尋
音楽
めいなCo.
録音
浦田和治
照明
豊見山明長
編集
冨田伸子
衣裳
宮本まさ江
助監督
杉野剛
スクリプター
内田絢子
スチール
大久保義高
特殊撮影
伊藤高志
特殊効果
中野稔
探偵指導
児玉道尚

キャスト

作品データ

原題 The Trap
製作年 1996年
製作国 日本
配給 エース ピクチャーズ
上映時間 106分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 二役の罠。 ネタバレ! 前作のメンバーが突然違う役柄で登場するので驚いた(爆) 探偵費用も値上がりしマイクの商売も上々、遂に彼女まで できているという設定。'95年の忌まわしいテロに配慮して、 公開を一年遅らせた今作。... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2014年3月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「私立探偵濱マイク」シリーズ関連作品

他のユーザーは「罠(1996)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi