少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録
ホーム > 作品情報 > 映画「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」
メニュー

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

劇場公開日

解説

閉鎖的な名門校を舞台に、男装の美少女が繰り広げる愛と闘いの物語を独特の美的センスで描く、テレビ版の発展形として製作されたアニメーション。監督は「美少女戦士セーラームーンR」の幾原邦彦。脚本は「美少女戦士セーラームーンSuperS セーラームーン9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡」の榎戸洋司。撮影を中條豊光が担当している。声の出演に「ザ★ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!」の川上とも子の他、ミュージシャン・及川光博が特別出演している。

ストーリー

鳳学園に転校してきた男装の美少女・ウテナ。かつての恋人である冬芽と再会した彼女は、そこで彼と同じ薔薇の刻印のついた指輪を手にする。その指輪を持つ者は、"薔薇の花嫁"と呼ばれる美少女・アンシーを賭けて、決闘ゲームに参加しなくてはならない。そして、そのゲームに勝利すれば、彼女とエンゲージし"永遠があるという城"へ行くことが許されるのだ。女性であるウテナは巻き込まれるようにゲームに参加するも、生徒会副会長の西園寺、フェンシング部キャプテンの樹璃と対決し、次々と勝利を収めていく。こうしてアンシーとエンゲージすることになったウテナは、彼女を"外の世界"へ連れ出そうとする。だが、巨大な洗車ブラシに取り込まれ、自動車にされてしまうウテナ。アンシーはそんなウテナ・カーに乗り込むと、追手を振りきり閉ざされた世界からの脱出に成功するのだった。...

スタッフ

監督
演出
高橋亨
金子伸吾
桜美かつし
脚本
榎戸洋司
原作
ビーパパス
漫画
さいとうちほ
原案
さいとうちほ
幾原邦彦
企画
ビーパパス
製作
大月俊倫
プロデューサー
松倉友二
森山敦
絵コンテ
風山十五
金子伸吾
橋本カツヨ
高橋亨
長濱博史
長谷川眞也
幾原邦彦
キャラクター・デザイン
長谷川眞也
メカニックデザイン
長濱博史
作画監督
林明美
たけうちのぶゆき
川嶋恵子
相澤昌弘
長谷川眞也
撮影監督
中條豊光
撮影
J.C.STAFF
美術監督
小林七郎
美術監督補佐
中村千恵子
音楽
光宗信吉
J.A.シーザー
天利英跡
録音調整
小原吉男
音響監督
田中英行
効果
奥田維城
編集
西山茂
制作担当
加藤淳
特殊効果
阿部郷
水津友宏
カラーコーディネイト
國音邦生
色彩設定
店橋真弓
色指定
店橋真弓
プランニング
小黒祐一郎

キャスト(出演(声))

作品データ

原題 adolescence of UTENA
製作年 1999年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録
少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録
2013年12月27日
¥324
バンダイチャンネル

他のユーザーは「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi