祝辞
ホーム > 作品情報 > 映画「祝辞」
メニュー

祝辞

劇場公開日

解説

専務から息子の結婚式で祝辞を述べてくれと頼まれた万年課長の姿を、彼の家族と会社を舞台に描く喜劇。脚本は「俺ら東京さ行ぐだ」の高橋正圀、監督は同作の栗山富夫、撮影も同作の安田浩助がそれぞれ担当。

ストーリー

大手会社の庶務課長の早乙女良介は、定年を間近に控えた万年課長。彼の家族は、妻・絹代、高校生の娘・房枝、母・みよ、それに演劇に夢中で勘当中の息子・宗八郎である。ある日、良介は専務から、息子の結婚式のスピーチを頼まれた。口下手な彼は悩みに悩む。絹代は訪ねてきた宗八郎から、自分たちの芝居のファンでOLの宇佐美恭子と結婚すると聞き、うろたえてしまった。宗八郎は「お父さんにはお母さんから話してくれ」と帰って行った。良介は本を買ってきたり、ビデオを見たりとスピーチの準備に頭をかかえている。それでもいい案の浮かばない彼は、アナウンサーだった友人・原田一郎を訪ねることにした。絹代は宗八郎のアパートに電話をかけ、彼が同棲していることを知る。そして、休日にアパートを訪れ、恭子に会って驚いた。恭子はしっかりした良家のお嬢さんだったのである。絹代の心は緩んで来たが、問題は頑固な良介をどう説得するかである。良介はようやくこれだというエピソードを思いついた。帰宅するなり、スピーチの原稿を書き、家族に読みあげる良介。絹代も房枝も満足そうだった。その夜、良介は絹代に「宗八郎に厳しくあたりすぎたかもしれない、ママには感謝しているよ」と語った。結婚披露宴の当日、良介の前に谷村部長のスピーチが始まった。それを聞いてみるみる良介の顔が青ざめた。彼がようやく考えついたエピソードそのままなのである。スピーチに立つが、動転している良介は「私には二人の年頃の子供がいる」と言ったきり絶句。そして「おめでとうございました」だけで終わる。ガックリして帰宅した彼は家族にあたり、会社をやめると言いだす。そこに専務から電話がかかり、新婦の両親が良介の感情のこもったスピーチに感激していることを告げた。...

スタッフ

監督
脚本
高橋正圀
製作
名島徹
近藤良英
撮影
安田浩助
美術
重田重盛
音楽
三木敏悟
録音
高橋和久
小尾幸魚
照明
宮原敬
編集
鶴田益一
助監督
内田秀哉
スチール
金田正

キャスト

作品データ

原題 Congratulation Speech
製作年 1985年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 隠れた名作!DVD希望 ネタバレ! 昔、たまたま深夜に流れてであった映画ですが、財津一郎の演技が光る名作です。結婚式で祝辞を求められるたびに思いだされる映画です。3タイプの祝辞のシュミレーションがある意味見せ場です。計画がこけた時... ...続きを読む

    ピニョン ピニョンさん  2016年3月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

お葬式[Blu-ray/ブルーレイ] 伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX I[Blu-ray/ブルーレイ] てなもんや三度笠 爆笑傑作集(4)[DVD] CHECKERS in TAN TAN たぬき Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]
お葬式[Blu-ray/ブルーレイ] 伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX I[Blu-ray/ブルーレイ] てなもんや三度笠 爆笑傑作集(4)[DVD] CHECKERS in TAN TAN たぬき Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年11月25日 最安価格: ¥3,926 発売日:2011年11月25日 最安価格: ¥19,212 発売日:2006年5月3日 最安価格: ¥2,166 発売日:2015年12月16日 最安価格: ¥3,172
Powered by 価格.com

他のユーザーは「祝辞」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi