喜多郎の十五少女漂流記
ホーム > 作品情報 > 映画「喜多郎の十五少女漂流記」
メニュー

喜多郎の十五少女漂流記

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

無人島に取り残された15人の少女の冒険と友情を描いた青春映画。ジューヌ・ベルヌの『十五少年漂流記』をモチーフに、テレビドラマ『ADブギ』の遊川和彦が原作を執筆。脚本は「十五少女漂流記」脚本委員会。監督は本作がデビューとなるTBSディレクターの吉田健。撮影は「修羅の伝説」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

ストーリー

交換留学生としてインドネシアを訪れていた15人の少女、千夏、未来、智美、利絵子、麻里子、玉恵、純、桜、桂、靖子、可奈子、水磨子、留里、優貴、綾。普通の観光コースに退屈した彼女らは、無人島へ冒険に出掛けるが迎えの船が沈没し、取り残されることになる。やがて千夏をリーダーに15人の少女は自分達で掟を作り、自活を始める。ところが千夏の強引なやり方に未来はついていけず、彼女はひとり暮らしをしてしまう。そんな中、重大事件が発覚。麻里子が妊娠していたのだ。そしてさらに追い打ちをかけるように千夏の妹、利絵子が海でおぼれて死んでしまう。深く落ち込む千夏。そんな彼女を慰めてくれたのは未来だった。自然がようやく千夏の心を癒そうとしていたが、そんな時、火事で家が焼けてしまい、動揺した麻里子が自殺しようとする。彼女らに辛い事件がどこまでも襲い掛かってくるのだった。だが、この事件をきっかけに千夏は立ち直り、少女達も生まれてくる新しい命のためにもう一度家を作ろうと、絶望の縁から立ち上がっていく。やがて麻里子が男の子を出産。少女達は生命の尊さを実感していく。ある日、利絵子の墓の前に立っていた千夏は海に船の姿を見つける。そしてようやく救助される少女達。そして彼女らは無人島を後に東京へと帰っていくのだった。...

スタッフ

監督
脚本
「十五少女漂流記」脚本委員会
原作
遊川和彦
製作総指揮
大里洋吉
製作
山本久
並木章
プロデューサー
西川章
出口孝臣
中沢敏明
撮影
佐々木原保志
美術
和田洋
音楽
喜多郎
音楽総監修
小六禮次郎
主題歌
ジョン・アンダーソン
録音
辻井一郎
照明
小中健二郎
編集
奥原好幸
助監督
大串利一
スチール
竹内健二

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 122分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第16回 日本アカデミー賞(1993年)

ノミネート
新人俳優賞 奥山佳恵

DVD・ブルーレイ

ホコリと幻想[DVD] KEEP ON ROCKIN'[DVD] 東京エレベーターガール DVD-BOX[DVD] OL忠臣蔵[DVD]
ホコリと幻想[DVD] KEEP ON ROCKIN'[DVD] 東京エレベーターガール DVD-BOX[DVD] OL忠臣蔵[DVD]
発売日:2016年3月2日 最安価格: ¥3,175 発売日:2004年5月21日 最安価格: ¥4,344 発売日:2012年1月25日 最安価格: ¥14,462 発売日:2002年10月25日 最安価格: ¥3,144
Powered by 価格.com

他のユーザーは「喜多郎の十五少女漂流記」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi