サラリーマン 続・目白三平
ホーム > 作品情報 > 映画「サラリーマン 続・目白三平」
メニュー

サラリーマン 続・目白三平

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中年の国鉄職員とその一家を中心に庶民生活の哀歓を描く。製作スタッフは本誌一一九号所載の「サラリーマン 目白三平」と殆ど同じであるが、今回は、脚色を沢村勉、照明を森沢淑明となり、配役に若干の追加変更がある。前作と同じく中村武志の原作を「貝殻と花」の沢村勉が脚色し前作に同じく千葉泰樹が監督、西川庄衛が撮影を担当した。追加出演者のうちには「魚河岸の石松 マンボ石松踊」の堀雄二、「暴力街(1955)」の中原ひとみ、「忍術三四郎」の波島進、宇佐美諄などがいる。

ストーリー

国鉄本庁厚生局の目白三平は、近郊の借家に細君の文子さん、青木、冬木の子供たちと住んでいる。ある夜、かねて婚約中の村上君と敏子さんが訪ねてきた。今秋、結婚することになっているが、新居の件で意見が衝突し、その尻を持ち込んできたのである。三平が久しぶりに信州へ老母の見舞いに出かけ、帰ってくると、PTAの文化部長に推薦された文子さんの姿は見えず、近所の娘たちが留守番をしていた。きょうは土用のうしの日である。うなぎの買えない三平は、うしの日には牛を食うのが本当だといって、子供たちに牛肉を買って帰った。その日同僚の中島君が新潟へ転勤すると聞いて、三平は中島君のアパートを村上君に世話してやった。村上君と敏子さんの結婚式の当日、三平は貸衣裳のモーニングを着込んで文子さんと列席した。その後、村上君の女房孝行ぶりを見るにつけ、文子さんは三平の無愛想が不満でならない。そして、PTAの仕事で文子さんの家をあける日が多くなった。ある雨の日、三平が留守をしていると、近所の娘智恵子がやってきて映画見物につれ出すが、それを知った文子さんは口惜しさのあまり家を飛び出し、村上君のアパートへ転がり込んだ。そこで文子さんは敏子さんから、勤人にとって家庭の温かさがいかに大切かということをきかされ、一方三平も細川夫人から、文子さんがいかにPTAに貢献しているかを聞かされた。覆水が盆に返ったことはいうまでもない。...

スタッフ

監督
脚色
沢村勉
原作
中村武志
撮影
西川庄衛
照明
森沢淑明

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「サラリーマン 続・目白三平」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi