ゴジラVSスペースゴジラのレビュー・感想・評価

ゴジラVSスペースゴジラ

劇場公開日 1994年12月10日
5件を表示 映画レビューを書く

モゲラ好きのための映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ビオランテやモスラによって宇宙へと運ばれたG細胞。
それが突然変異を遂げ、スペースゴジラとなって地球を襲う。

凶悪な宇宙怪獣あり可愛いベビーゴジラありカッコイイ巨大ロボありのエンタメゴジラです。

前半は割と地味で、超能力とか誘拐とか色々ある割に面白くないです。

ベビーゴジラが可愛いのは間違いないのですが、本当にそれだけです。

超能力を使ってゴジラを誘導とかその超能力を巡って誘拐されるとか、正直怪獣映画は怪獣が暴れてこそと思っているので、あまり楽しめませんでした。

ですが、最終戦のゴジラ&モゲラVSスペースゴジラは派手かつ熱い展開で、それまでの退屈を吹き飛ばしてくれました。

あっちこっち火花を散らしながらもスペースゴジラと戦うモゲラの雄姿は、巨大ロボ好きとしては堪りません。

モゲラといえば驚くのは上半身と下半身が分裂する合体機能で、ガルーダを背負うだけだったメカゴジラよりもずっと派手でした。

モゲラは飛行タイプのスターファルコンと戦車タイプのランドモゲラーに分かれて戦えるのですが、何故かスターファルコンが下半身でランドモゲラーが上半身になっていて、そこは逆だろうとどうしても思ってしまいます。

また、手の部分に腕の太さくらいあるミサイルを積んでいるのですが、冷静に考えたら尋常じゃない大きさのミサイルだけにスペースゴジラの象徴である肩の結晶を見事に破壊し、良い見せ場になりました。

最終的には無理やり動かして特攻するというのも、ボロボロになって最後まで戦うという熱さがあって良かったです。

本策は割りと評価が低いですが、それでもモゲラがいるというだけで個人的には良い作品だと思っています。

2501
2501さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正月に観たなぁって作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

浮わついた気持ちで観ないと内容は殆どないのだから。
それでも、モスラからモゲラから賑やかしは充分できているのでつい期待してしまうが、平成のゴジラシリーズっておとそ気分で観るもんなんだろうなぁ。
シリーズに残り続けたGフォースの三枝もとうとう大人な感じになってショートカットに(笑)
ベビーゴジラはかわいい感じ、こうしてみるとゴジラはメスなのか?オスはどこに?等詮索してしまう。
榎本明が単独行動でゴジラと対峙するが、あんなチンケな地雷でどうにかなるならとっくにゴジラ仕留めてると思う。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館、VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーむ

福岡のシーンは迫力があっていいんだが、火花散りすぎて何が何だかよく分からない印象。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供の頃に観て楽しい作品

ゴジラとスペースゴジラとモゲラが戦うなんてすっごく興奮できる…!はずだったが、
やっぱり今観てもつまんないな…当然か

ビーム?光線?は、みんなあんなに簡単に連発しちゃうのか
もっと必殺技のような扱いだと思ってた

リトルゴジラはかわいい笑

チヌテ
チヌテさん / 2014年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平成VSシリーズの総決算的内容ながら、話が荒唐無稽過ぎて…

植物怪獣ビオランテ、ドラゴン怪獣キングギドラ、昆虫怪獣モスラ、メカ怪獣メカゴジラ…と続いた平成VSシリーズ。
次なる対戦相手は、宇宙怪獣。
その名も、スペースゴジラ。
宇宙に飛び散ったゴジラ細胞から誕生した凶悪な宇宙のゴジラだ。
体内に結晶体を取り込み、超能力のようなパワーを駆使してゴジラに戦いを挑む。

前作に引き続き、Gフォースもゴジラとの戦いに挑む。
メカゴジラに次ぐ対ゴジラ戦闘マシンとして、MOGERAが登場。
東宝特撮の名作「地球防衛軍」で侵略ロボットとして登場したモゲラが装いも新たに復活。
合体・変形型ロボットで、男心をくすぐる。

監督に山下賢章、脚本に柏原寛司、音楽に服部隆之と、メインスタッフがチェンジ。
本編は柏原寛司ならではの戦う男たちのロマンとなっている。
平成VSシリーズの顔、三枝未希が初ヒロインとなり、ロマンスも描かれる。

スペースゴジラはゴジラ細胞から誕生したビオランテとかつての宇宙怪獣であるキングギドラを彷彿とさせ、モスラも登場、前作のメカゴジラの流れを汲むGフォースと戦闘ロボット…というように、平成VSシリーズの要素が全て組み込まれている。
ならば平成VSシリーズ最高作…と言いたい所だが、残念ながら、ワースト作と感じてしまった。
話がリアリティに欠け、余りに荒唐無稽なのが痛い。
対ゴジラ戦闘マシンとして開発されたMOGERAなのに急遽ゴジラと共闘してスペースゴジラを迎え撃ったり、スペースゴジラとMOGERAが初めて戦う場所は宇宙、木星と土星の間の小惑星地帯で、MOGERAどれだけ速いの!?と思ったり、スペースゴジラは何の理由も無しに日本現れたり(これまでの平成VSシリーズの怪獣たちは日本に現れる理由があった)、ゴジラと戦う部隊であるはずのGフォースが人質救出したり…と無茶苦茶。

とにかく楽しいゴジラ映画を作ろう!…というのは分かるんだけど、もうちょっとリアリティが欲しい。
基がSFなのだから。

野性味溢れる結城役の柄本明と、今回内面が描かれる麻生司令官役の中尾彬はナイス。

近大
近大さん / 2012年6月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi