ゴジラVSキングギドラのレビュー・感想・評価

ゴジラVSキングギドラ

劇場公開日 1991年12月14日
6件を表示 映画レビューを書く

時間を越えるのはやめとけ(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ターミネーターをパクった特撮シーンとか止めようよ(笑)
ジュラシックパークにも影響与えたみたいで(笑)
時間を越えるにも、過去に干渉するにも一定の考証は必要だが、ゴジラ(恐竜)を捨てるなら、もっと考えて捨てりゃいいと思う。
そしたら、ゴジラ化しなかったのでは?
自分達の行動を考えなかったウィルソン達は思慮が足りなすぎるわ。
しかし、どこにでも核廃棄物があるのは真実味があるし笑えない。
未来人のエミーは昔の美人やなぁ(笑)
特撮技術は上がっても演出が変わらなければさしたる作品にもならない。
もひとつ盛り上がらないのはそのせいだろうなぁ。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館、VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真面目に観るとこれは辛い。

まず脚本が雑で色々と腑に落ちない。今時のよく練られた時間SFに触れている人なら尚更だろう。未来人の描き方がどうにも拙い。キングギドラの設定も辛い。別に設定を変えるのは構わないけれど、あれじゃあ可哀想すぎる。ついでにキャスティングもどうかしている。こうした欠点を補うだけの突出した美点も見当たらない。

個人的には見所がなかったわけでもない。怪獣の見せ方だけは好かった。見たい画をちゃんと見せてくれる。やっぱりキングギドラの威容は画面に映える。終盤の部分的に機械化されたデザインも素晴らしい。つまり特撮部分の画作りは期待通りだった。これは主に川北紘二特技監督の手柄だろう。翻って監督脚本の大森一樹の続投は裏目にでた感じかな。残念。

lylyco
lylycoさん / 2016年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラはヒーローじゃない

核は一見便利なものだが、結局恐ろしいものなんだなと思った。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もったいない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アイディアやメッセージ性や音楽はしっかりしているのに色々もったいない。
例えば
むやみにCGを使う点。
空中に浮くシーンや格闘シーンなど失笑ものだった。
ターミネーターの影響をもろに受けた残念な再現によるアンドロイドの登場。
なぜ登場させたかわからない。
キャラ付けもいまいち。
なによりも過去にさかのぼって今生きる現在が変わるという設定自体が狂ってるしおかしい。
その人物が過去に降り立った時点で、その世界線は幾重にも分岐するはずである。
このあたりが気になってアイディアはいいのだが、とても見れたものではなかった。
この過去を変えれば未来が変わる理論ならなぜまた過去に戻って、キングギドラの赤ちゃんを回収しに行かなかったのだろう。
まあ
しかしこれをやってしまえば物語として成り立たない。
なにかタイムマシンが壊れ、未来人が元の世界に帰れない葛藤を描いたらよりよかったかもしれない。

だが、そのメッセージ性は評価できる。

特に23世紀の人が言っていた「20世紀は核にばかり頼る残念な時代だ。」と
ずっしりと重い。

ゴジラもキングギドラも人間の手のひらの上でできたものだ。
都市の破壊やその被害も人間が進歩したが故に被害が増大している。

だからといって懐古主義に浸れというわけではない。
文明の運用を間違えるとゴジラに似たようななにかを生み出してしまうという警鐘である。

ゴジラ映画がこの辺りのメッセージを失ったらもうおしまいだろう。
ただ、その通底する音楽は素晴らしい。
よくあるクソゲーに共通する音楽だけの映画であった。

REDSTAR
REDSTARさん / 2015年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラの名前倒れか

もっと何とかならないのだろうか。
特撮部分はそれはそれとして割り切れても、配役や撮影技術が悪い。

44mm
44mmさん / 2015年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラの最大のライバルであると共に、映画を娯楽性豊かに盛り上げてくれるキングギドラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作からゴジラの対戦相手は、過去の人気怪獣が務める事になった。
まず登場は、キングギドラ。
過去4度ゴジラと激闘を繰り広げた、ゴジラ最大のライバルだ。
宇宙怪獣としてのイメージがあるキングギドラだが、本作では未来人の時間操作によって誕生した新キングギドラ。
だからなのか、少々ゴジラに劣勢気味だが、その巨大さは初代以上。
最後はサイボーグ改造され、メカキングギドラとなって登場、インパクトを残す。

ストーリーは、現代日本に未来人が現れ、彼らの提案で過去に戻り、ゴジラを歴史から抹消しようとする。(実はそれは未来人の策略で、ゴジラを消してキングギドラを出現させ、現代日本を破壊しようとする)
何だか凄い話である。
細かく言うと辻褄が合わない点もあるのだが(ゴジラを消したのに、何故皆ゴジラを覚えているんだ?)、内容的には盛り沢山で楽しめる。
近未来SFに戦争映画に「ターミネーター」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をミックス。(「ジュラシック・パーク」も先取り)
そして、ゴジラ誕生秘話も描かれる。
最も、ゴジラ誕生秘話は謎のままの方が良かったという意見も確かだが、これはこれで一つの仮説。

中川安奈演じるエミーはシリーズ初のアクション・ヒロイン。ラスト、自らメカキングギドラに乗り込み、ゴジラと戦う。
ゴジラと因縁を持つ新堂会長に扮する土屋嘉男の存在は感慨深い。

また、音楽を伊福部昭が16年振りに担当。
ダイナミックな音楽で映画に最高に盛り上げてくれる。

昭和シリーズで一番娯楽性豊かなのは「三大怪獣・地球最大の決戦」。
平成VSシリーズでは間違いなく本作。
奇しくも、どちらもキングギドラ。
やはりキングギドラは、ゴジラの最大のライバルに相応しい。

近大
近大さん / 2012年6月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi