メカゴジラの逆襲のレビュー・感想・評価

メカゴジラの逆襲

劇場公開日 1975年3月15日
3件を表示 映画レビューを書く

メカゴジラ強い

前作でも最強な雰囲気があったメカゴジラがさらに強くなった。人間側のドラマがだいぶ暗い内容だったけどよかった。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後は、あっさり決着 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フィンガーミサイルを搭載したメカゴジラ、前回よりパワーアップしている。

メインバトルは、
ゴジラ+超音波搭載ヘリVSメカゴジラ+チタノザウルス
“メカゴジラ+チタノザウルス”を操る桂が先にやられてしまい弱体化。
最後は、あっさり決着。

悪の宇宙人と地球のマッドサイエンティストが組む。
といった本作。
シナリオに古さを感じなかった。

怪獣映画を堪能できる一作。

不死鳥
不死鳥さん / 2016年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メカゴジラのリベンジ!そして人間側は悲劇のドラマ

前作で人気を博したメカゴジラが再登場。
しかも、タイトルからゴジラの名を退け、完全に主役の座。
新怪獣チタノザウルスと共に、ゴジラにリベンジ。

監督に本多猪四郎、音楽に伊福部昭が復帰、キャストにも平田昭彦や佐原健二が出演、怪獣から逃げる大群衆シーンや都市破壊があったりと、往年の作品を彷彿させる。

作品雰囲気はシリーズでも一、二を争うほど、重く暗い。
世間から見放された真船博士、実験中の娘・桂の事故死、桂は侵略宇宙人によってサイボーグとして生き返るもメカゴジラの道具として利用されただけ、侵略宇宙人につけ込まれ復讐を誓う真船博士の哀しみ、桂と一ノ瀬の悲恋など、悲劇のドラマだ。
その為か、観客動員数はシリーズワースト。
内容から当時の子供たちに受けなかったのが要因だろう。
かといって決して駄作ではなく、この当時のシリーズの中でも一番のシリアス作品として見応えは有り。

本多監督が最後に手掛けたゴジラ映画。
また、本作でシリーズは一旦終了、ゴジラは9年間眠りに入る。
そう思うと、ラスト、夕日の海に帰っていくゴジラの姿は非常に感慨深い。

9年後、シリーズは装いも新たに再開、ゴジラも再び恐ろしい存在として、人類の前に出現する。

(なお本作から、あの有名なドシラドシラ…の音楽が“ゴジラのテーマ”として使用された。ちょっとしたトリビア)

近大
近大さん / 2012年6月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi