鯉名の銀平(1961)
ホーム > 作品情報 > 映画「鯉名の銀平(1961)」
メニュー

鯉名の銀平(1961)

劇場公開日

解説

長谷川伸の原作を、「木曽ぶし三度笠」の犬塚稔が脚色、「ドドンパ酔虎伝」の田中徳三が監督した股旅もの。撮影も同じく武田千吉郎が担当。

ストーリー

鯉名の銀平は、かつて大鍋一家では相当に売りこんだ顔だったが、今では、仲のよい卯之吉とともにかたぎになり、船大工として働いていた。二人は、駄菓子屋の五兵衛の家にで入りしている間に、彼の娘お市に惚れるようになっていた。銀平はお市の気持をたしかめようとしていたが、彼女ははっきりした返事をしない。下田港の縄ばりをねらって、親友丑松を先頭に帆立一家が横車を押してきた。しかし、大鍋の親分は、かたぎになった今ではと、子分どもを押さえた。五兵衛は単身なぐりこもうとするが、これを知った銀平は一足先に帆立一家に向った。決闘の場所へ卯之吉が姿をみせた。彼はお市と祝言をすませてきたのだ。銀平は嫉妬に狂ったが、危い卯之吉を救って姿を消した。--それから四年、まだお市のことを忘れられない銀平は、下田に帰ってきた。大鍋の親分が死に、今は下田一帯、帆立一家がわがもの顔にのさばっていた。銀平は、五兵衛のあとをついで商売をしている卯之吉と、お市を物かげから見た。その時、帆立の子分が現われ、店をこわして帰っていった。表に出たお市は銀平を見つけた。この二人を見た卯之吉は、嫉妬から帆立一家にかけこみ斬りこんだ。が、しくじって海中にとびこむ。銀平がかけつけ子分どもを斬り払った。そこへはいあがった卯之吉が丑松を倒した。銀平は目明しの姿を見ると、丑松殺しの卯之吉の非を引きうけ、お縄をうけた。俺が犯人だという卯之吉を、銀平は手で制し、幸せに暮しなといって引かれていった。...

スタッフ

監督
脚色
犬塚稔
原作
長谷川伸
企画
高森富夫
撮影
武田千吉郎
美術
太田誠一
音楽
斎藤一郎
録音
大谷巖
照明
加藤博也
編集
山田弘
スチル
西地正満

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

日蓮と蒙古大襲来[DVD] 陸軍中野学校[DVD] 忠臣蔵[DVD] 眠狂四郎無頼控・魔性の肌[DVD]
日蓮と蒙古大襲来[DVD] 陸軍中野学校[DVD] 忠臣蔵[DVD] 眠狂四郎無頼控・魔性の肌[DVD]
発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,818 発売日:2007年12月21日 最安価格: ¥3,898 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076 発売日:2004年5月21日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

鯉名の銀平
鯉名の銀平
2014年9月11日
¥324
GYAO!ストア

他のユーザーは「鯉名の銀平(1961)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi