原爆の子
ホーム > 作品情報 > 映画「原爆の子」
メニュー

原爆の子

劇場公開日

解説

世界で最初に原爆の洗礼を受けた広島の原爆の子供たちがつづった作文を編集したヒロシマ・ピースセンター理事長、広大教授長田新の「原爆の子」にヒントを得て、新藤兼人が「雪崩(1952)」に次いで自身脚色、演出を行っている。製作には吉村公三郎が当たり、近代映画協会と劇団民芸が資金の一切を作りだした。撮影には「山びこ学校」の伊藤武夫が当たっている。「安宅家の人々」の乙羽信子が好意的主演をする他、細川ちか子、清水将夫、滝沢修、北林谷栄、小夜福子、宇野重吉などの民芸の人々が出演している。

ストーリー

石川孝子は昭和二十年八月七日原爆が投下された時広島に住んでいて、家族の中で彼女一人だけが生き残った。その後瀬戸内海の小さな島で女教員をしていた孝子は、原爆当時勤めていた幼稚園の園児たちのその後の消息を知りたいと思い、夏休みを利用して久しぶりに広島を訪れた。街は美しく復興していたが、当時の子供たちは果たしてどんなふうに成長しているだろうか。幼稚園でともに働いた旧友の夏江から住所を聞いて次々と訪問していく孝子だった。三平も敏子も平太も中学生になっていた。三平は子だくさんな貧しい父母の元で、靴磨きをして家を助けていた。敏子は原爆症で寝ていた。孤児の彼女は教会に引き取られて看護されていたが、明るい顔をして生きていた。平太も親を失って兄や姉の手で養育されていたが、一家は明るくまじめに生き抜いていた。孝子は亡き父母の下で働いていた岩吉爺やに出会ったが、息子夫婦を原爆で失い、老衰し、盲目になり、七歳になる孫の太郎と乏食小屋で暮らしているのだった。孝子は二人を島へ連れていこうとしたが、どうしても承知しないので太郎だけでも引き取りたいと思った。初めは承知しなかった岩吉も、孫の将来のためにようやく太郎を手離すことにした。孝子は広島を訪れたことによって色々と人生勉強をし、また幼い太郎を立派に育てようという希望を持って島へ帰っていくのだった。目の見えない岩吉は隣りに住む婆さんに手を引かれて、船着場からいつまでも孝子と太郎が去っていくのを見送るのだった。...

スタッフ

監督
脚本
新藤兼人
原作
長田新篇
製作
吉村公三郎
共同製作
山田典吾
撮影
伊藤武夫
美術
丸茂孝
音楽
伊福部昭

キャスト

作品データ

原題 The Children of Hiroshima
製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全2件)
  • 広島で起きた悲劇の断片 広島で生き残った子供たちの書いた作文からエピソードを拾っていて、1つ1つ別々に起きた事を幼稚園の先生が元教え子を訪ね歩くという設定でまとめている。 ピカドンのシーンはお世辞にも良く出来ているとは... ...続きを読む

    佐ぶ 佐ぶさん  2015年9月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 押売。 現在の科学的知見からみてどうなんだろうか?、と疑問に感じる部分はあるけれど、一般市民が1952年当時に感じていたことを投影させたらこうなったんだろうな、と。 親切や価値観の押し売り感がかなり鼻に... ...続きを読む

    Nori Noriさん  2015年8月16日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

裸の十九才[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 貸間あり[DVD] 歌舞伎十八番「鳴神」 美女と怪龍[DVD]
裸の十九才[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 貸間あり[DVD] 歌舞伎十八番「鳴神」 美女と怪龍[DVD]
発売日:2001年9月10日 最安価格: ¥5,076 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990 発売日:2005年11月25日 最安価格: ¥3,759 発売日:2012年11月21日 最安価格: ¥3,791
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi