映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングルのレビュー・感想・評価

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

劇場公開日 2000年4月22日
3件を表示 映画レビューを書く

ほのぼの

安定したしんちゃん映画を楽しませていただけた作品。特に話に起伏などはないが(話の規模感の問題?)、アクション仮面のアクションシーンが作画からカメラワークから、すごい。

たかひろ
たかひろさん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個人的には史上ナンバーワンヒーロー映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

傑作の多い、というか傑作しかない原恵一期のクレしん映画の中でも抜きん出た極上の一本だと思う(オトナ帝国は別格だが…)
シチュエーションによってはテレビのヒーローではなく本当に実在するヒーローとして描かれることもあったけど、この映画では飽くまで架空のヒーローとして出てくるアクション仮面。 この映画ではこの架空のヒーローアクション仮面と、力のみが支配する島にキングとして君臨するパラダイスキングの対決を通して2人の持つ「強さ」の違いと「ヒーロー」とは何なのかという事を浮き上がらせて行く。
映画冒頭、アクション仮面が敵にやられそう! という内容の映画の予告をしんのすけが見るところからこの映画は始まる。これ自体はうがった見方をすれば、特に子供向け映画によくあるような 「何かとてつもない事が起こりそうだ」という雰囲気のみを抽出したような予告編を茶化すような意味合いもあるのかなという気はするけど(現に最後は完全にギャグとしてこの煽りは回収される)、この映画ですごく大事なのはこの予告を見るしんのすけの姿だと思う。
しんのすけは映画を通してずっと「あの後アクション仮面はどうなっちゃうんだろう」と気にしてるけど、それと同時に「いや!アクション仮面が、あんな奴に負ける訳がない!」と言い続ける。
「まぁなんだかんだ言っても最後は勝つでしょ」というテンションではなく、まるで自分自身に言い聞かせるようにというところがミソだと思う。
もちろんこのしんのすけの必死さはしんのすけが子供だからこそという面は多分にあると思うけど、パラダイスキングにやられるアクション仮面を見たときにしんのすけの語る内容は 子供がテレビのヒーロに夢中 というのを超えて「ヒーローとは」という問いに対しての一つの答えが集約されていると思う。
しんのすけは アクション仮面は正義の味方なんだ 悪いやつなんかに負けるはずがない 今は負けてても最後は絶対に勝つ というような事を半ベソかきながらうったえるけどここからわかるのは、しんのすけはアクション仮面が強いから好きなのではなく、正義の味方だから好きだという事。
つまり事ここ至りわかるのは、この映画におけるヒーローとは「正義はあると信じたい人の思いを受け取り戦う者」の事だったという事だと思う。
そしてしんのすけの言葉をきっかけに集まった沢山の人々の思いを受け取ったアクション仮面が自分の強さを知り、架空のヒーローから真のヒーローになった時にあげる雄叫びと流す一筋の涙たるや 見事というほかない。
後この映画が素晴らしいものになっている大きな要因はやはり、パラダイスキング。登場は映画が始まってから少し時間が立ってからの登場だけど、出てきた瞬間から匂い立つ 悪のカリスマ感 が素晴らしい。アクション仮面との対比という点でも文句のつけようのないキャラ造形だった。ここからは勝手な妄想だけどパラダイスキングはあの島に来る前に 力だけでは手に入れられない何か に挫折した経験があるのではないかという気がする。(多分名声とか羨望とかだと思う)だからこそ力のみが支配するあの島に若干の居心地の良さを感じつつも、自分が手に入れられなかったものを追い求めアニメを作り、銅像を建て、アクション仮面と戦いたがったのではないか(完全なる妄想だが)
他にもひまわりとシロのジャングル1人と一匹旅も凄くいい。単なるスラップスティックギャグシーンとして終わらせそうな下りになるところを、キャラクターの感情の流れを大事にする原恵一の手腕でホッコリジーンと来るものに仕上がってる。ひまわりに猿たちへの報復を思いとどまらせる事で 映画全体の尊厳を 守らせる落とし所もナイス!

興行的にはクレしん映画の中でもかなりキツかった一本みたいだけど個人的には見逃せない、超重要作品だ

Movieアパート
Movieアパートさん / 2017年4月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クセになる

この時期のしんちゃん映画のキレが好き。

定期的に見て、その雰囲気に元気がでる!

王道ギャグを踏まえながら、展開される本映画を経て
しんちゃん映画は傑作と名高いオトナ帝国の逆襲へ。

REDSTAR
REDSTARさん / 2015年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi