鞍馬の火祭
ホーム > 作品情報 > 映画「鞍馬の火祭」
メニュー

鞍馬の火祭

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「夏祭り三度笠」の小倉浩一郎と杉山茂樹のコンビ「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」と同じく大佛次郎の原作から「又四郎笠」の豊田榮が脚色をし、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」の大曾根辰夫が再び監督に当り、同じく片岡清が撮影を担当している。出演者は、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」の嵐寛寿郎に美空ひばり、久しぶりの入江たか子、「子に詫びる」の岸恵子などのほかに黒川弥太郎、大友富右衛門、高田浩吉、市川笑猿、他にテイチクの歌手かつら五郎が出演している。

ストーリー

京の町は、鬼女の面をかむった偽鞍馬天狗のために荒されていたが、智恩院のほとりに、娘千春、天狗より預った少年杉作、新吉などと共に侘住居する国学者香取任藏の許へ、ある日白河卿がおとずれ、秘かに徳川打倒方針書を授けた。しかし、鬼面の侍がここにも現われ、その方針書を奪い去ったが、その後白河卿をはじめ、香取先生、千春、杉作、新作などが所司代へ曳かれ、方針書の在り場所をただされる。その上白河卿を貴船の山荘へ押し込めようとするのであった。折よく京へ舞いもどった天狗は、これを知って白河卿を八瀬街道で救い出し、三條卿より方針書を焼捨てよと命のあったことを伝え、偽者の天狗の出没することを伝えるが、天狗の変心を疑う卿はきき入れなかった。一方千春、杉作、新吉は屯所より許されて帰るが、許されぬ父の身を案ずる千春の許へ、破門された櫻町が訪ね言い寄るが、そこへ天狗が現れ、櫻町を追い払った。天狗はまず香取先生を助け出すため吉兵衛に情勢をさぐらせると同時に自分は偽天狗の正体をあばこうと活躍を開始し、ようやく櫻町の姉で芸妓をしているおえんから、弟が偽天狗であり、小春をさらって鞍馬の奥の院へ姿を消したことをきき、折から火祭りのなかを、あとを追って正邪二人の天狗の対峙となり、見事正天狗の勝となった。...

スタッフ

監督
脚本
豊田榮
原作
大佛次郎
製作
小倉浩一郎
杉山茂樹
撮影
片岡清
美術
桑野春英
音楽
長津義司

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • 井浦新、深奥なる京都の魅力を説く(2014年9月3日) 俳優の井浦新が9月3日、東京・銀座三越で開催中の「GINZA キョウト展」で、「古くて新しい京都の魅力」と題したトークショーを行った。井浦は、これまでに何度も京都を訪れている... 続きを読む
関連ニュース

他のユーザーは「鞍馬の火祭」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi