鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)
ホーム > 作品情報 > 映画「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」
メニュー

鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)

劇場公開日

解説

製作は「獣の宿」の小倉浩一郎で、大佛次郎の原作から「怪塔伝」の八尋不二が脚本を書き、「獣の宿」の大曾根辰夫が監督に当り、同じく片岡清が撮影を担当。出演者は、「万花地獄」の嵐寛寿郎、「わが家は楽し」の山田五十鈴、「泣きぬれた人形」の美空ひばりなどに、月形龍之介、加藤嘉、川田晴久、三島雅夫、萩町子、進藤英太郎などである。

ストーリー

御用聞隼の長七に使われている子供角兵衛獅子の杉作と新吉が金を落して途方にくれているのを松月院の寺の前で覆面の侍が金を恵んでくれた。その金を見た長七は、その侍こそ鞍馬天狗だと松月院を襲った。杉作は自分を助けてくれた鞍馬天狗を短銃でねらう近藤勇の腕に思わずすがりつき天狗の命を救ったことから長七の折檻を受けるが、天狗はその杉作を救って西郷吉之助にあずけた礫のお喜代と呼ばれる投石の名人は、小河原進助と恋仲であったが、進助の死んだのは天狗のせいだと思い込み彼をつけねらっていたが、大阪城の水牢から杉作の助けで天狗が脱出したあと、単身天狗の寝込みを襲って失敗したお喜代は、やけになってそのまま天狗の住居に居すわっている。そのうちにお喜代は杉作と仲良しになり進助の死が、天狗のためでない事を知るが、その時天狗は西郷の命令で江戸へ立つことになり、その前に近藤からの果し状で東寺へ出かけて行こうとする。東寺で近藤の刀を払い落した天狗は勝敗は又の機にと笑ってそのまま江戸へ馬を走らせた。江戸の天狗から杉作とお喜代への便りに、「私の心に今はじめて怖いと思うもののひそんでいるのを知った……」とあって、お喜代の簪が封じてあった。...

スタッフ

監督
脚本
八尋不二
原作
大佛次郎
製作
小倉浩一郎
撮影
片岡清
美術
川村鬼世志
音楽
鈴木静一

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 鞍馬天狗角兵衛獅子 数あるアラカン天狗映画のなかでも安易なつくりではなく、この松竹3部作は製作費もかかってるし重厚な作品に仕上がっている、配役も豪華。アラカンの剣さばきも最高である。天狗映画の最高作 ...続きを読む

    pj2000akira pj2000akiraさん  2015年5月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

鞍馬天狗・角兵衛獅子 鞍馬天狗 角兵衛獅子 鞍馬天狗・角兵衛獅子
鞍馬天狗・角兵衛獅子 鞍馬天狗 角兵衛獅子 鞍馬天狗・角兵衛獅子
2016年6月25日 2016年10月1日 2016年7月12日
¥933 ¥540 ¥324
Hulu スカパー!オンデマンド GYAO!ストア
※2週間は無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi