孔雀 KUJAKU
ホーム > 作品情報 > 映画「孔雀 KUJAKU」
メニュー

孔雀 KUJAKU

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

疲弊した青年が流れ着いた香港で自分の居場所を探す物語。監督・脚本・撮影は「モーテル・カクタス」のクリストファー・ドイルで本作が初監督作となる。製作・製作総指揮は時盛裕行。音楽は板橋文夫。美術はブルース・ユー。編集は森崎荘三。衣裳はティナ・ラウ。録音は小岩滋。出演は「鮫肌男と桃尻女」の浅野忠信、映画初出演のケヴィン・シャーロック、シュー・メイチンほか。

ストーリー

沖縄の島で育ったアサノ(浅野忠信)は抜群の記憶力の持ち主。だが都会暮らしの中で、彼の頭は磨耗してしまう。逃れるように海へ、沖へ行くうちに香港に流れつく。街をさすらううち、とあるゲイバーにたどり着く。バーの奥にある紺碧のソファは孔雀の羽のように心地よく、彼はソファに住みつくのだった。この店には個性の強い人々が行き交う。このバーのオーナーで英国人のゲイ、ケヴィン(ケヴィン・シャーロック)は毎晩飲んだくれては記憶を失い、バーの常連のスージー(シュー・メイチン)が警察まで引き取りに行くという毎日。また幼い頃の記憶にうなされるアサノにも、スージーはやさしく介抱するのだった。言葉があまり通じないにもかかわらず、いつしかスージーもケビンもアサノの不思議な魅力に惹かれていく。特にケビンは、アサノに告白する表現をあれこれ考えていた。ある日、バーにケビンからの電話が入る。だが今度はただごとではないらしく、シラフなのに警察にボコボコにされるというのだ。スージーはアサノを呼び、警察へ急ぐ。屋外の檻に入れられたケビン。檻の前にやってきたアサノは、黄色いキャンディを取りだしてケビンに投げ与える。そして警察のロビーで三人は、それぞれの思いを独白するのだった。...

スタッフ

監督
脚本
クリストファー・ドイル
エグゼクティブプロデューサー
時盛裕行
製作
時盛裕行
撮影
クリストファー・ドイル
美術
ブルース・ユー
音楽
板橋文夫
録音
小岩滋
編集
森崎荘三
松岡剛
衣装デザイン
ティナ・ラウ
字幕
関美冬

キャスト

作品データ

原題 Away with Words
製作年 1998年
製作国 日本・香港合作
配給 ザナドゥー
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「孔雀 KUJAKU」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi