銀座旋風児のレビュー・感想・評価

メニュー

銀座旋風児

劇場公開日 1959年9月20日
1件を表示 映画レビューを書く

マイトガイ登場!

小林旭の数ある代表作シリーズの一つ。1959年の作品で、本シリーズの第1作目。

“旋風児”と書いて“マイトガイ”と読み、それがそのまま小林旭のニックネームに。
言わば、小林旭の為の映画。

なので、主人公のキャラ設定は、世間一般の小林旭のイメージ通り。
女にモテモテ、腕っ節も強く、何処までもキザでクール。
“銀座旋風児”こと装飾デザイナー、二階堂卓也が、ダイヤを売りさばく謎の中国人の陰謀を暴く!

装飾デザイナーなのに名探偵ばりの名推理。アクションヒーローばりの大活躍。別に装飾デザイナーである必要性は…。
アクションもストーリーも特に盛り上がらず、ツッコミ所満載。変装は爆笑モノ! ヒロイン、浅丘ルリ子の男装も、ポカ〜ン…。

原作・脚本が川内康範なので、「月光仮面」のようなヒーロー活劇を日活ムードアクションに置き換えただけ。勧善懲悪な展開は時代劇そのもので、“銀座旋風児”またの名を“銀座退屈男”(≒「旗本退屈男」)とも言う!

日活アクションは案外嫌いじゃないが、これはちょっと退屈だった。
出来不出来、ストーリーなんてどうでもいい。
これは、マイトガイを見る為の映画なのだから!(笑)

マイトガイの情報屋に、後の共演作でライバル役が多くなる宍戸錠。
個性ナシの登場人物(&作品)の中で、唯一印象に残った。

近大
近大さん / 2014年1月2日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi