今日に生きる
ホーム > 作品情報 > 映画「今日に生きる」
メニュー

今日に生きる

劇場公開日

解説

北関東の鉱業都市を背景にしたアクションドラマ。「女を忘れろ」の山崎巖と江崎実生の脚本を、「女を忘れろ」のコンビ舛田利雄が監督し、姫田真佐久が撮影した。

ストーリー

北関東のある鉱業都市、そこでは宇山鉱業に出入りする三国運輸と山一運輸の間に血なまぐさい空気が流れていた。この町に東京からふらっと職を求めて城が現われた。その城に声をかけたのは、山一運輸の男だ。男は城がトラックの免許を持っていると聞くと喜んだ。山一が、三国運輸に運転手を引き抜かれて困っていたからだ。山一のおやじ・山田も一目で城にほれこんだ。実際、翌日からの城の働きは超人的だった。三国側のチーフ・安西は、そんな城に目をつけ高給を餌に城をつろうとしたが失敗した。ある日町の喫茶店で城は婚約者のユミ子を見た。東京から城のあとを追ってこの町に来たユミ子は、偶然知り合った宇山鉱業の総務部長・杉浦の好意でその喫茶店に勤めているというのだ。彼女は城に東京へ帰るよう勧めた。--山田は、宇山鉱業の運輸課長・佐野からセメント山行きを命ぜられた。セメント山、それは文字通り死を賭けた危険な仕事だった。山田は「三国の奴の首ねっこをへし折ってやる」と山を下りかけたが、城に止められた。が、その夜山田は山を脱け出し、翌日溺死体となって発見された。城は山田の死を他殺とにらんだ。ある夜、連れ出された城は、廃工場で危くトラックに轢殺されそうになった。山田もこうやって殺されたにちがいなかった。城は安西と格闘、殺害の犯行を自白させた。数日後、ボスの三国と安西は逮捕された。杉浦部長は部下の悪事を知り、山一と三国の統合に骨折った。山田亡き後の一家の生活も、株主として保証された。城はエミ子と東京へ帰ることにしたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
山崎巌
江崎実生
企画
高木雅行
撮影
姫田真佐久
美術
松山崇
音楽
佐藤勝
録音
橋本文雄
照明
藤林甲
編集
辻井正則

キャスト

作品データ

原題 We Live Today
製作年 1959年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • 今日に生きる 昭和34年/裕次郎の知られざる名作。桝田監督との黄金コンビで音楽も佐藤勝、撮影は天才/姫田真佐く。音楽とカメラアングルは特筆ものであル。モノクロの画面も最高・裕次郎が過去を背負つた流れ者がラスト... ...続きを読む

    pj2000akira pj2000akiraさん  2015年7月7日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

大都会 PARTIII BOX 1[DVD] わが青春のアルカディア[DVD] 石原裕次郎デビュー50周年記念 DVD-BOX[DVD] 銀座の恋の物語[DVD]
大都会 PARTIII BOX 1[DVD] わが青春のアルカディア[DVD] 石原裕次郎デビュー50周年記念 DVD-BOX[DVD] 銀座の恋の物語[DVD]
発売日:2012年10月3日 最安価格: ¥20,494 発売日:2012年11月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2006年7月17日 最安価格: ¥12,960 発売日:2002年9月27日 最安価格: ¥3,175
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi