吸血鬼ゴケミドロ
ホーム > 作品情報 > 映画「吸血鬼ゴケミドロ」
メニュー

吸血鬼ゴケミドロ

劇場公開日

解説

「キャプテンウルトラ」の高久進と、「若社長レインボー作戦」の小林久三が共同でシナリオを執筆し、東映の佐藤肇が他社で演出したSFもの。撮影は「男の挑戦(1968)」の平瀬静雄。

ストーリー

羽田を飛び立ったジェット機が、奇怪な現象に遭遇して岩山に不時着した。副操縦士杉坂、スチュワーデスのかずみ、次期総理候補真野、精神科医百武、ニール、徳安と法子夫婦、生物学者佐賀、自殺志願の青年松宮が生き残った。そしてもう一人、昏睡状態だった寺岡が突然、起き出した。彼は外国大使を暗殺して逃亡中だったのだが、間もなく青白い光体に吸い込まれ、顔面を細菌状の物体に犯されてしまった。そして吸皿鬼に変貌したのである。これは、血液を常食としている宇宙生物ゴケミドロが、食糧源を求めて地球に現われたのだ。寺岡は吸皿鬼に変貌した時は、平常の顔に戻っていた。やがて一行の許に戻ってきた寺岡によって、次々と犠牲者が出た。血を吸いとられた百武が、粘土のように変色した死体となって発見されたのが手始めだった。徳安が次に殺された。つづいて法子もゴケミドロに犯されていった。事態を知った一行の間に、恐怖感が芽生え、発狂した松宮は自ら時限爆弾を仕掛けて吹っ飛んだ。そして、真野はニールと共にその岩山から逃亡した。だが、ゴケミドロは二人を襲い、ニールが死んで真野が戻ってきた。一行は間もなく吸血鬼が寺岡と知り、すぎを見て杉坂は吸血鬼にガソリンを浴びせ火をつけたのだ。しかし火炎に包まれた吸血鬼の体内からゴケミドロが這い出したのを、誰も知らなかった。ホッとした一行だったが今度は佐賀が吸血鬼になって真野を殺したのである。杉坂とかずみは、何とかその場所を逃げ出し、ある村に辿り着いた。しかし、その村にもゴケミドロの魔手がのびていた。生き残った二人は、全世界がゴケミドロによって征服されようとしているのを思い、慄然とするのだった。...

スタッフ

監督
脚本
高久進
小林久三
製作
猪股尭
撮影
平瀬静雄
美術
芳野尹孝
音楽
菊池俊輔
録音
中村寛
照明
青木辰夫
編集
寺田昭光
スチール
小尾健彦

キャスト

作品データ

原題 Goke,Body Snatcher from Hell
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全4件)
  • 当時としては立派なSF ネタバレ! 今となっては寄生する宇宙の生命体を描いた映画等山ほどあるが、この当時(49年前?)では凄い。 寄生された人間の額が割れるのはどうなん?って思うけど(笑) 一応、吸血鬼みたいに人の血液を吸うっての... ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2017年3月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 50年前の作品として観れば まあ特撮は少な目でかなりアナログ的 出演者は総勢10人?!今の時代ならあまりお金もかかってなさそうだし自主映画のようなところか?! ...続きを読む

    ゆたぼー ゆたぼーさん  2017年1月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 構図がバシッと決まってて良い。 いまの日本映画は構図が全然ダメ。 ... 構図がバシッと決まってて良い。 いまの日本映画は構図が全然ダメ。 時間をかけてこだわる時間=予算、がないのだから仕方ないけど… 照明も強弱つけててよかった または吸われた人間は必ず青白い照明に変... ...続きを読む

    saikimujin saikimujinさん  2016年7月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ
吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ 吸血鬼ゴケミドロ
2017年3月1日 2017年5月19日 2017年4月27日 2011年10月1日
¥300 ¥1,007 ¥1,990 ¥324
Amazonビデオ Hulu U-NEXT GYAO!ストア
2週間無料 ※31日間無料

他のユーザーは「吸血鬼ゴケミドロ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi