喜劇 団体列車
ホーム > 作品情報 > 映画「喜劇 団体列車」
メニュー

喜劇 団体列車

劇場公開日

解説

「喜劇 急行列車」のコンビの舟橋和郎がシナリオを執筆し、瀬川昌治が監督した東映鉄道路線のコメディ。撮影は「柳ケ瀬ブルース」の坪井誠。

ストーリー

奥道後温泉をひかえた小さな駅、伊予和田駅に勤務する山川彦一は、三十歳で独身、母親お杉と二人暮しである。過去三回助役試験に落っこちてはいるが、四度目を前に張切っていた。国鉄ローカル各線は赤字に悩んでおり、赤字克服の手段として、伊予和田駅では、倉持駅長以下が、団体旅行客の獲得に大わらわであった。ある日、彦一は迷子の坊やを拾ったことから、その母親志村小百合と知り合になった。小百合は学校の先生で未亡人。彦一は小百合の美しさにぼーっとなってしまった。そんな時に、叔父の風間八五郎から見合の話を持込まれた。相手は、昔国鉄に勤めていた日高友造の娘邦子で、父の友造は助役試験に八回も落ちた人物だと聞かされ、彦一は見合を承諾した。友造は、好人物で、邦子も明るい娘であった。だが、彦一の頭には何故か小百合の面影がちらついて離れなかった。そんなうちに、助役試験の日がやって来た。第一次試験はパス。二次試験は自由討論であった。受かった二人、山川彦一と太宰淳一はテーマの「四国鉄道の赤字の克服」で激論を戦わした。だが彦一はまたも落ちてしまった。ヤケ酒をあおる彦一は、飲み屋で友造にバッタリ。落第記録保持者の友造に慰められ、彦一は一晩中友造と飲み屋をほっつきまわるのだった。ある日、四国巡りの団体客に、彦一が添乗としてついて行くことになった。その中には、子供を連れた小百合もいた。彦一は張り切った。だが、出発間際には、邦子も乗りこんできた。高知から徳島へ向う途中、邦子から彦一は求婚された。しかし彦一は上の空、チャンスをみつけて、小百合に恋をうちあげようと思うからである。しかしである、逆に彦一は、小百合から再婚話の相談をうけるはめになった。彦一はがっくりとなった。それから一年が過ぎた。五回目にやっと助役試験にパスした彦一は、大阪で開かれる講習会に出席するため、伊予和田駅を発った。見送りには、今は彦一の妻となった邦子の姿があった。...

スタッフ

監督
脚本
舟橋和郎
企画
秋田亨
加茂秀男
製作
大川博
撮影
坪井誠
美術
北川弘
音楽
木下忠司
録音
小松忠之
照明
元持秀雄
編集
祖田富美夫
スチル
田中真紀夫

キャスト

作品データ

原題 Local Line Love
製作年 1967年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

喜劇 団体列車[DVD] 喜劇 団体列車[DVD] 『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター[DVD]
喜劇 団体列車[DVD] 喜劇 団体列車[DVD] 『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター[DVD]
発売日:2006年5月21日 最安価格: ¥4,860 発売日:2014年10月10日 最安価格: ¥2,419 発売日:2008年10月29日 最安価格: ¥87,553 発売日:2012年12月21日 最安価格: ¥1,965
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

喜劇団体列車 喜劇団体列車 喜劇団体列車
喜劇団体列車 喜劇団体列車 喜劇団体列車
2013年12月28日 2013年12月28日 2016年6月22日
¥324 ¥324 ¥300
DMM.com GYAO!ストア ShowTime
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi