喜劇 急行列車のレビュー・感想・評価

メニュー

喜劇 急行列車

劇場公開日 1967年6月3日
1件を表示 映画レビューを書く

鉄道ものとしても人情喜劇としてもいい出来。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 渥美清が車掌長として主演している国鉄全面協力による映画。メインの舞台は下り「さくら」と「富士」の車内。この構造上、車内で色々ドラマが生まれます。喜劇とはいえ、ドタバタではなく、人情喜劇です。結構ほろっとさせられます。
 鉄道好きとしても見所満載。舞台は20系客車、牽引機としてEF65やDF50、DD51などが拝めます。

ピニョン
ピニョンさん / 2017年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi