キクとイサム
ホーム > 作品情報 > 映画「キクとイサム」
メニュー

キクとイサム

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大東映画の第一回作品。会津磐梯山を背景に、黒人ハーフの姉弟を叙情的に描き、この問題を社会に訴えようとするもの。主役の二人には何人かの候補者の中から東京荒川の小学六年生と横須賀の小学四年生が選ばれ、今井監督のもとで俳優としての訓練をうけた。水木洋子のオリジナル・シナリオを、「夜の鼓」以来ひさびさの今井正が監督した。撮影も「夜の鼓」のコンビ・中尾駿一郎。

ストーリー

キクは小学六年生だ。からだは人一倍大きい。村一番のおテンバである。ガキ大将の少年もかなわない。弟のイサムは四年生だ。これも相当なワンパクなのだ。しげばあさんは孫の姉弟を乳呑児の時から育ててきた。もう二人はばあさんの手におえない。初秋のある日ばあさんはキクに野菜籠を背負わせて町へ連れて行った。病院で診察を受けるためだ。キクが野菜を売り歩くと、人々の好奇の目が集った。病院でも--キクは一向気にしなかった。ばあさんから貰った十円で行商の雑貨屋から赤いくしを買うと楽しそうに先に帰った。ばあさんは診療を終えた院長に二人のハーフのことを問わず語りに話した。院長はアメリカの家庭へ養子縁組の世話をするところへ頼んであげるといった。--カメラを下げた見知らぬ男が村へ現れ、仲間と遊んでいたイサムの写真をとった。キクの方は舌を出して逃げた。が、その夜キクは気になって、その男のことをばあさんにたずねた。姉弟のどちらかを養子縁組するのだという。キクはいやだった。しみじみさびしかった。--イサムは学校で友達から「クロンボ」とののしられた。「おら、クロンボでねえど」友達の頭をガンとなぐった。--秋祭だ。となりの清二郎夫妻に連れられて鎮守の森へ行った。見物の衆がみんなキクとイサムにたかった。見世物の連中は商売にならぬと怒った。イサムはまた友達とケンカし、ムキになって見世物の棒の足場へ登り、大騒ぎになった。外務省から知らせがきていた。イサムがアメリカの農園主に引きとられるという。イサムは疲れて眠っていた。出発の時、写真の男に連れられて、黒白のハーフたちの汽車に乗りこんだあとで、イサムは急に不安になった。「おら、いくのやンだ」写真の男がイサムをおさえた。「姉ちゃーん、ばあちゃーん……」イサムは必死に泣きわめいた。キクもわあわあなきながら、汽車を追って夢中で走った。--キクが子守していた赤ン坊が行方不明になる事件が起きた。友達に「売れ残り!」などとはやされ、夢中で組み打ちをしていた間にである。村中大騒ぎになった。キクが出発する芝居一座のオート三輪の上に置いたので、そのまま走って行ったことがわかった。子の母はタチの悪いいたずらと見た。ばあさんは思いあまって、村人たちの前で、キクをなぐった。「お前は、やっぱり尼寺サ行け……」考えあぐねた末のことばをしんみり言って聞かせた。キクはしょげた。--夜明け。キクがいなかった。納屋の前に赤いくしが落ちてい、中にキクがポカンと立っていた。梁から縄をつるしたが、重くて切れたのだ。「キク……バカタレ……」ばあさんはキクにしがみついてたたいた。そして、キクはその時、大人になっていた--。ばあさんは赤のご飯をキクのベントウにつめた。「お前をどこにもやんねえ。ばあさんと一緒にいてエつうなら一人前の百姓になれ」ばあさんはキクを上の小豆畑に連れて行った。登校する子供たちがからかっても、「年頃だからナおら。かまってやらねえじエもう……」キクはそっくりかえって歩いていった。...

スタッフ

監督
脚本
水木洋子
企画
市川喜一
製作
角正太郎
伊藤武郎
撮影
中尾駿一郎
美術
江口準次
音楽
大木正夫
録音
安恵重遠
照明
浅見良二
編集
河野秋和

キャスト

作品データ

原題 Kiku and Isamu
製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 117分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「キクとイサム」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi