寒椿のレビュー・感想・評価

メニュー

寒椿

劇場公開日 1992年5月30日
1件を表示 映画レビューを書く

「陽暉楼」よりも良い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 70
音楽: 70

 同じ宮尾登美子の原作で同じ高知の花街を描いた作品でも、「陽暉楼」よりはずっと楽しめた。それは「陽暉楼」と比較して、役者のうまさややたらときばったヤクザめいた科白回しの少なさによる。一番の売れっ子といっても結局は金で売買された身分、自分の運命を自分で決められない弱さがあった。現代とは違う身分社会や社会の構造の中で、西田敏行も南野陽子も自分の出来ることを追及してのこの結果、たとえ思い通りにならなくてもそれがまた人生というもの。彼らの懸命な生き方には、諦めや儚さとともに一遍の悲しい美しさも見れた。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi