渇き(1958)
ホーム > 作品情報 > 映画「渇き(1958)」
メニュー

渇き(1958)

劇場公開日

解説

太田経子の同名小説を、「東京の瞳」の舟橋和郎が脚色、「猫は知っていた」の島耕二が監督し、同じく「猫は知っていた」の小原譲治が撮影したよろめきもの。主演は「命を賭ける男」の山本富士子に「愛河」の川崎敬三。ほかに叶順子、見明凡太朗、佐分利信など。色彩は大映カラー(アグファカラー)。

ストーリー

明子はスケート場で俊男という大学生と知り合った。明子は人妻だった。意志を通じあわせようとしない官吏の夫と、平凡な家庭の毎日、そんな彼女の心に、この若く、たくましく、知的な俊男が忍び入ってしまった。その夜、俊男と、ジェット・コースターに興じ、ダンスに酔った明子の心は、夫から離れていた。夫が出張した日、二人はドライブに出た。富士の見える丘で二人はいつまでも抱き合って動かなかった。この情事は夫の部下木下の知るところとなり、木下は明子を脅し、借金の申込みさえした。しかし明子は、もはや俊男と離れることは出来なかった。二人は逢瀬を重ねた。俊男をひそかに愛していた学友の小森一枝は、二人の関係に心を痛め、とうとう明子の夫に告げた。怒り狂って明子をなぐりつける菖二。明子は俊男の子を流産した。たまりかねた明子は離婚を追ったが、世間態を気にする菖二は承知しなかった。一枝の紹介で受けたテレビ局の就職試験に俊男は合格した。それは大阪行が条件である。勿論一枝の指金であったが、俊男としては受け入れるほかはなかった。恋愛は破局に近づいていたのだ。二人は思い出の丘に出掛けた。明子は俊男と死ぬつもりだったが、やはり明子には彼を死に追いやることはできなかった。数日後、明子は東京駅に俊男を送った。今は夫との離婚を決意し、新しく生きようと心にきめていた。別離の悲しみを、笑顔にまぎらわせ、明子はいつまでも立ちつくした。...

スタッフ

監督
脚色
舟橋和郎
原作
太田経子
企画
藤井浩明
製作
永田秀雅
撮影
小原譲治
美術
仲美喜雄
音楽
大森盛太郎
録音
橋本国雄
照明
久保田行一

キャスト

作品データ

原題 Disillusion
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 切ない過ぎる ネタバレ! 上映する映画館少ない 可哀想 もったいなさそう 全国の映画館に 上映させて下さい 宜しくお願いします。 有難うございます。 ...続きを読む

    turboranger turborangerさん  2010年3月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

女経[DVD] 次郎長富士[DVD] 日本橋[DVD] アート・オブ・市川崑 大映傑作選 DVD-BOX【復刻版】[DVD]
女経[DVD] 次郎長富士[DVD] 日本橋[DVD] アート・オブ・市川崑 大映傑作選 DVD-BOX【復刻版】[DVD]
発売日:2015年10月30日 最安価格: ¥1,854 発売日:2013年11月22日 最安価格: ¥2,000 発売日:2007年9月28日 最安価格: ¥3,283 発売日:2008年6月27日 最安価格: ¥11,283
Powered by 価格.com

他のユーザーは「渇き(1958)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi