十五才 学校IVのレビュー・感想・評価

メニュー

十五才 学校IV

劇場公開日 2000年11月11日
1件を表示 映画レビューを書く

安定感抜群

引きこもり少年が旅に出た時点で引きこもりは終了し、成長の物語になっている。

たまたま、会う人たちがこぞって“イイ人"なのはご愛嬌(笑)
おかげで物語も心地好い。
小林稔侍の「旅は楽しかったか?」って台詞が親の懐の広さと息子の成長を実感できる。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi