風立ちぬ(1976)のレビュー・感想・評価

風立ちぬ(1976)

劇場公開日 1976年7月31日
1件を表示 映画レビューを書く

抑揚に欠ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合65点 ( ストーリー:75点|キャスト:65点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 純文学が原作ということで物語もしっかりとしているし、主演の二人は制作された時代もあってか劇中の設定と同様に清純そうでいいのだが、見終わった時に思ったのが想像していたりも抑揚がなかったということ。社会的制約の中で戦争に病気にと、たいへんな時代にたいへんな状況で命懸けの純愛を貫くわりに、何かあっさりと終わってしまった。例えば当時人気絶頂の山口百恵に、苦しんでやつれてのた打ち回るような場面を強要することも出来なかったのか、綺麗な場面だけのまま終わってしまう。だから見終わってたいして感動や悲しみが心の中で広がらなかった。演技か演出かあるいはその両方が淡泊で、物語の深みを出し切れていない部分がある。

Cape God
Cape Godさん / 2013年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi