温泉女医
ホーム > 作品情報 > 映画「温泉女医」
メニュー

温泉女医

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「瘋癲老人日記」の木村恵吾と、「夜の配当」の田口耕三が共同でオリジナル・シナリオを執筆、「瘋癲老人日記」の木村恵吾が監督した喜劇。撮影は「温泉巡査」の宗川信夫。

ストーリー

伊豆のとある温泉町。一名子宝温泉と呼ばれるこの町は、医者といえば高血圧の老人薮内大作ただ一人。息子の昌彦は医大を卒業しながら目下勘当中という変り者。代診を依頼した薮内医院に現われたのは美貌の女医塩月イサオだった。てきぱきしたイサオの診察ぶりは次第に人気を呼び、押すな押すなの大繁昌となった。ある日、イサオは豆福から紹介されて半玉吉弥を知った。本当は看護婦さんになりたいという吉弥に、イサオは妹のような愛情を感じた。一方郊外の養蜂園で蜂蜜エキスの研究に余念のない昌彦は、友人のホテルの若旦那淳吉に、吉弥への慕情を告白された。気の弱い彼は、恋の橋渡しをたのんだ。一計を案じた昌彦は、お座敷に吉弥を呼び人物テストを試みたが、丁度その時、独身の空しさを感じたイサオが吉弥を座敷によんだので、昌彦と淳吉は見つかって散々お灸をすえられた。しかしこの日からイサオの心に昌彦は面影を残した。やがてイサオが東京に帰る日、イサオは吉弥を落藉し看護婦学校へ入れるよう手続した。その祝いとイサオの送別会の夜、昌彦は彼女に求愛した。昌彦の勘当も解け、結婚式を挙げたイサオ、昌彦は、子宝温泉おしどり医者第一号となって、スタートした。...

スタッフ

監督
脚本
木村恵吾
田口耕三
企画
斎藤米二郎
撮影
宗川信夫
美術
柴田篤二
音楽
小川寛興
録音
三橋真
照明
伊藤幸夫
編集
鈴木東陽
スチル
沓掛恒一

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

温泉女医[DVD] 赤い天使[DVD] 忠臣蔵[DVD] 処刑の部屋[DVD]
温泉女医[DVD] 赤い天使[DVD] 忠臣蔵[DVD] 処刑の部屋[DVD]
発売日:2016年5月27日 最安価格: ¥1,854 発売日:2012年11月16日 最安価格: ¥1,854 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076 発売日:2015年9月25日 最安価格: ¥2,000
Powered by 価格.com

他のユーザーは「温泉女医」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi