オールナイトロングのレビュー・感想・評価

オールナイトロング

劇場公開日 1992年11月14日
1件を表示 映画レビューを書く

あっち系邦画の双璧!!?

て邦画には、実は世界に誇る双璧!が存在していた…(どんな双璧じゃ)
「ギニーピッグ」と「オールナイトロング」シリーズである。

本作はそのシリーズの1作目。
では、なぜ「存在していた」かというと、1980年代後半に日本中を震撼させた前代未聞の某極悪連続殺人事件が発生。

その犯人Mの部屋から「ギニーピッグ2」のビデオが発見!とマスコミは大きく取り上げ、犯罪の原因がエログロ系映画にある!との風潮が…
そして、ギニーピッグシリーズは全て廃盤に、類似作と見られていたオールナイトロングシリーズも3作目まで廃盤に追い込まれた(゜ロ゜;ノ)ノ

しかし!実は犯人Mが持っていたのは猟奇極悪映画の2ではなく、コメディー要素満載の4だったそうな…※ちなみに犯人Mは『ギニーピッグ2』は「観たことない」と言っていたそうな…恐るべしマスコミ!

そんなわけで?本シリーズも、とばっちりで闇に葬られたのだが…
日本が誇る双璧(笑)を海外の好事家たちが放っておくわけがない。

海外ではギニーピッグもオールナイトロングもしっかりDVD化され、伝説は国外に受け継がれてるという!(どんな伝説じゃ)

本作は北米で販売されている、『オールナイトロング コレクション』という1,2,3作目がセットのDVDボックスである。

そろそろ映画の内容を

ストーリーは偶然、女子高生惨殺事件の現場に居合わせた3人の青少年。
意気投合して仲良くなり、それぞれの彼女を連れて集まろうってことになる。
うち二人は彼女作りに失敗し、1人は彼女ができ幸せだったが…
悪者グループに目をつけられ、彼女は凌辱の上、悲惨な目に。
3人は猟銃を手に悪者グループのアジトへ…

そして、ちょっとした弾みで虐殺劇へ(;´_ゝ`)

本作自体は映倫とは揉めたが、一応劇場公開はされており、そこまでエログロゴア変態度は高くない。
狂気に支配された青年たちの青春ムービーと言えなくもない。

では、なぜ双璧となりえたかは、2と3の凄まじさである(´д`|||)
1がきつさランクBだとすれば、2と3はS~SSランク…常人が観れるレベルでない(゜ロ゜;

2以降は明日にでもレビューを(*^^*)

あと、本作には脇役で、田口トモロヲ、田口浩正(モテ役(^-^;)、ラッシャー木村(笑)、今や売れっ子声優の柚木涼香(瞬殺される…改名前)も出演!

グロというより精神的にあてられるので、青少年は観ないほうがよい。
とは言いつつ、自分が初めて1,2観たときは高校生だったな(T_T)
当時はへこんだ…

桔梗F
桔梗Fさん / 2013年11月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi