喜劇 駅前天神
ホーム > 作品情報 > 映画「喜劇 駅前天神」
メニュー

喜劇 駅前天神

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「喜劇 駅前音頭」のコンビ、長瀬喜伴がシナリオを執筆、佐伯幸三が監督した駅前シリーズの一篇。撮影もコンビの黒田徳三。

ストーリー

予備校へ勤める、一見大正風の紳士徳之助は、浮浪児だった次郎を拾い、弟子として今日迄我が子同様に育てあげた。一方、お好み焼屋のママ景子は徳之助の愛人で由美という娘を生んでいた。しかし由美は、それを知らず死んだ徳之助の妻を母と思って暮してきた。徳之助は、そんな由美を次郎と一緒にさせようとしていた。ところがこの次郎、お好み焼屋の店員染子に首ったけ。そんなある日、高利貸の大金持大野の息子が由美をほしいといいだした。さっそく町内のまとめ役魚屋の孫惣が屋敷へ呼ばれた。人のいい孫惣は二つ返事で引受けた。さらに大野の使いで出版社の社長山越がアパートに次郎をたずね、由美が徳之助の娘であることを告げた。この山越の出現で、次郎は染子との仲が徳之助にばれてしまい、徳之助の怒りを買った。そして、染子を選ぶか、恩師のこの徳之助を選ぶかと問いつめられ、次郎は一人さびしく、岐阜へたっていった。次郎は恋人染子をあきらめ、浮浪児の自分を拾って、ここまで育ててくれた徳之助を選んだのだ。しかし、染子はショックのあまり、病気になってしまった。そこで、孫惣、由美らが考えだしたのが、このトリック。染子が死にそうだと、徳之助、次郎に急報した。泡を食って駈けつけた徳之助は次郎と染子との仲を許した。徳之助が言い終った後、医者いわく「一週間もすればピンピンします」...

スタッフ

監督
脚本
長瀬喜伴
製作
佐藤一郎
金原文雄
撮影
黒田徳三
美術
小島基司
音楽
広瀬健次郎
録音
長岡憲治
照明
比留川大助
編集
広瀬千鶴
スチル
大谷晟

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

満州アーカイブス 満映作品集(望郷編) 北の護り[DVD] 喜劇 駅前競馬[DVD] 次郎長三国志 第三集[DVD] 喜劇 駅前探検【期間限定プライス版】[DVD]
満州アーカイブス 満映作品集(望郷編) 北の護り[DVD] 喜劇 駅前競馬[DVD] 次郎長三国志 第三集[DVD] 喜劇 駅前探検【期間限定プライス版】[DVD]
発売日:2005年7月21日 最安価格: ¥4,331 発売日:2010年10月22日 最安価格: ¥3,849 発売日:2011年12月16日 最安価格: ¥9,266 発売日:2014年11月19日 最安価格: ¥2,700
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi